ホーム >  ベトナム > 【潜入編】ベトナムの家電量販店

【潜入編】ベトナムの家電量販店

LINEで送る
Pocket

個人の所得が上昇すれば自然と消費者の購買力も上昇していく。

特にその上げ幅が多い分野はどこか。

やはり、生活を一段と便利にしてくれる電気機器が顕著であるといえる。

その点は高度経済成長期の日本と同じかもしれない。

そんなベトナムの電気機器市場を視察するために、今回はホーチミン市内で最も有名な家電量販店、Nguyen Kim(グェンキム)を訪れた。

IMG_1440

IMG_1404

場所は市内でも有名なベンタイン市場から歩いて5分圏内となっており、ベトナム人だけでなく観光客も多く見受けられた。

店内は4階まであるようで、1階がパソコン・スマートフォン、2階がテレビ・オーディオ、3階が大型家電、4階が炊飯器や電子レンジなどの調理器具関係のフロアとなっていた。

IMG_1434

こちらは1階フロア。

大半がサムスンやOPPO、LGなどの製品となっており、日本製品のウェイトが少ない印象を受けた。やはり、ベトナムにおける韓国・台湾企業の影響力はかなり強いようだ。

IMG_1413

 

2階フロアも1階フロアと大差なく、やはり韓国・台湾企業の製品が多く展示されていた。

IMG_1411

品数自体はSONYや東芝といった日本企業のほうが優勢ではあったものの、展示スペースの広さや場所などを考えると、サムスン製の商品が一番勢いが強い印象を受けた。

IMG_1438

カラオケが大好きなベトナム人のために、大型のカラオケセットも販売されていた。ベトナムではカラオケは最もポピュラーな娯楽の1つで、多くの家庭で上記のようなオーディオセットを備えているのだとか。

IMG_1419

IMG_1436

こちらは3階の大型家電フロア。

ベトナムではまだ核家族化が日本ほど進んでいないせいか、大家族用の大型家電が目に付いた。値段も日本とは遜色ないものが多い。

IMG_1424

こちらは4階の調理器具関係フロア。

IMG_1435

フロアで最も目立っていた製品が上記の炊飯器である。コメ文化を持つベトナムならではの光景だといえる。しかし、どの商品もデザイン性に欠けており(日本では売れ残りそうなものばかり)、古めかしい印象を受けた。

IMG_1425

ベトナムの住宅では気温対策のために「吹き抜け」を作るので、クーラーと同レベルで扇風機が好まれる。そのため、その種類も豊富で日本では見た事もないような製品が多く売られていた。

今回の視察から、パソコンやスマートフォン、テレビといった製品に関して言えばだいぶ韓国企業に差をつけられている印象を受けたが、その一方で家電分野はまだまだ日本が優勢である事が伺えた。

しかし、家電に関して言えば現地の習慣などに大きく左右される事が多いため(前述の炊飯器や扇風機など)、ここをうまく乗り切る事が今後の課題になるように感じる。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介