ホーム >  ベトナム > ベトナムホーチミン市の人気スイーツ5選~前編~

ベトナムホーチミン市の人気スイーツ5選~前編~

LINEで送る
Pocket

みなさま、こんにちは。

ベトナムでコンサルティング全般を行うAGSホーチミン事務所です。

ホーチミン市では、経済成長に伴い、世界的チェーンのファストフード店やコーヒーショップが登場し、食事の幅も増えてきました。
今日は、ベトナム最大の商業都市であるホーチミン市で人気のスイーツ5選を紹介します。

(1)バブルミルクティー

写真 1
(出所:ゴンチャHP)

バブルティーとは、台湾発祥のタピオカ入りミルクティーです。
ここ数ヶ月、急にバブルティーのお店が目立って増えてきました。

タピオカのもちもちした食感がありスイーツとしても楽しめるドリンクです。
価格も50,000ドン(約250円)とコーヒー等のドリンクより少し高いくらいなので午後のデザート代わりとして、人気が出ています。

バブルミルクティーを扱うベトナム人に特に人気なお店を紹介します。

  • ゴンチャ(GONG CHA)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(筆者撮影)

ゴンチャは、本場台湾からやってきた台湾ティー専門店です。
ホーチミン市内で2017年7月現在、9店舗展開しています。
メニューの種類がとても多く、砂糖や氷の分量も選べるため、オリジナルドリンクが作れることで人気のお店となっています。

  • コイカフェ(KOI CAFÉ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(筆者撮影)

コイカフェも台湾ティー専門店です。
ホーチミン市内に2017年7月現在、12店舗展開しています。
メニューの種類やトッピングはあまり多くはないですが、コイカフェの魅力はお茶のキレ味とミルクフォームの組み合わせ。
一番人気の商品はマキアートです。

  • アンクルティー(UNCLE TEA)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(筆者撮影)

アンクルティーは、2016年10月ホーチミン市に登場した台湾ティー専門店です。
2017年7月現在、12店舗展開しています。
アンクルティーは濃いめのお茶が好きな人から好まれています。
特にミルクティーはプラスチックの透明カップの代わりに、豊富な色のボトルに入れることで他と差別化をはかっています。

写真 5
(出所:アンクルティー Facebookページ)

(2)パッビンス(かき氷)

写真 6
(出所:ビンスヤHP)

パッビンスとは、かき氷の一種で、フルーツや、アイスをミックスする韓国のデザートです。
ここ数年、ホーチミン市で人気が出ています。

暑い日にふわふわの氷と冷たいフルーツやアイスクリームを組み合わせるパッビンスを食べると、気持ち良くなります。

価格は100,000ドン(約500円)で量が多く、カップルや友達とシェアして食べるのに適しています。

パッピンスとかき氷を扱う人気なお店を紹介します。

  • ビンスヤ(BINSUYA)

ビンスヤは韓国風のかき氷店で、ホーチミン市内の中心部にあります。
また、スタイリッシュな内装が好まれ、撮影好きな若者に大人気。
お勧めメニューはイチゴビンスです。

写真 7-8
(出所:ビンスヤHP)

 

  • ソルファ(SEOL HWA)
写真 9
(出所:ソルファ Facebookページ)

ソルファも韓国風のかき氷店です。
2017年7月現在、3店舗展開しています。
氷は水の代わりにミルクで作られています。
メニューの種類が多く、パッビンス以外はジュースやミルクティがあります。

写真 10-11
(出所:ソルファ Facebookページ)

 

  • 24ハウスビンス(24 HOUSE BINGSU)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(筆者撮影)

2017年1月に開店したばかりの24ハウスビンスの魅力はなんと言っても、広い店内と素敵な内装!
またメニューが50種類以上と豊富なことです。
パッビンス以外にも、ミルクティーやヨーグルト、スムージー等も提供しています。
3階建で、店のスペースが広いので、大人数でも利用することが可能です。

(3)アイスクリーム

写真 14
(出所:ファニーHP)

アイスクリームは熱帯の国、ベトナムにとって欠かせないデザートです。
ホーチミンにはアイスクリーム店がたくさんあります。
その中でも、とりわけベトナムらしさを感じるお店を紹介します。

  • ケムバクダン(KEM BACH DANG)

ケムバクダンはベトナム風のアイスクリーム店。
このお店の特徴は手作り、素材そのものを活かした味のアイスクリームです。
一番人気のアイスクリームはココナッツの入れ物に果物やドライフルーツとアイスクリームを入れるココナッツアイスクリーム。
値段は120,000ドン(約600円)と他のアイスクリーム店より、やや高めですが、その代わりに量が多いのが特徴です。

  • ファニーアイスクリーム(FANNY)

ファニーはフランス風のアイスクリーム店です。
ホーチミン市内に現在5店舗展開しています。
メニューの種類がとても多く、単品で選べるアイスクリームとオリジナルセットメニューのアイスクリームがあります。
前者はアイスクリームの味だけでなく、トッピングやシロップも選ぶことができます。

写真 15-16
(出所:ファニーHP) オリジナルセットメニューの一例

ローズアイス(ROSEICE SAIGON)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(筆者撮影)

2017年1月に開店したばかりのローズアイスは急激に知名度を上げました。
注目されている点はその形!
バラの花の形のアイスクリームなんです。
お味も豊富なので、色々な味を選んで、ローズアイスを作ることができます。

写真 18
(出所:ローズアイス Facebookページ)

ホーチミン市のスイーツはいかがでしたでしょうか?
特に、常夏のホーチミン市で食べるアイスクリームはまさに絶品!
是非ともベトナムにお越しの際はご賞味下さい。

引き続き、次回もホーチミン市での人気スイーツに関してご紹介させていただきます。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介