ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】出雲大社で初詣!暖かいマレーシアで日本のお正月雰囲気を味わう

【マレーシア】出雲大社で初詣!暖かいマレーシアで日本のお正月雰囲気を味わう

  • 友だち追加

本記事は2021年1月8日時点の情報です。

皆様あけましておめでとうございます。

マレーシアではチャイニーズニューイヤー(旧正月)が大事にされているので、1月1日は祝日ではありますが、日本のように初詣をしたり、お雑煮やお節料理を食べたりという風習はありません。

昨年までは、クアラルンプールのランドマークでもあるツインタワーで打ち上げられるカウントダウン後の花火がとても人気で、たくさんの人がカウントダウンに合わせて集まっていましたが、今年は新型コロナの影響で中止となっていました。

昨年のカウントダウン。ツインタワー周辺に集まる人々

ローカルの方たちは、友人や家族で集まりカウントダウンを行うようですが、日本のように年越しそばをいただくという風習はないので、親しい人と楽しい時間を過ごすだけのようです。
場所によっては、チャイニーズニューイヤー名物の爆竹や花火が上がっていました。

日本人としては、年越しそばは欠かせない

日本では、年末はセール、年始は福袋などの初売りと、お得にショッピングを楽しめるし、テレビでも年末年始の特番が組まれて国全体が新年のお祝いムードに包まれますが、マレーシアでは日常と変わりません。
日本人からすると少し寂しいです。

街の様子は、クリスマスの飾り付けがまだ残っている状態です。
あと数日もすれば、チャイニーズニューイヤーに向けて街中が赤い装飾に埋め尽くされ、お店ではニューイヤー用のお菓子や洋服などがずらりと並びます。

 

日本人にとっては切っても切り離せない、新年の重要なイベントが初詣ですよね。
マレーシアには、なんと!出雲大社があります。

場所はクアラルンプールに隣接するセランゴール州の日本人学校のあるエリアで、コンドミニアムの中に入居しています。
規模は日本と比べるとかなり小さいです。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。