ホーム >  タイ > 【タイ】店内飲食禁止のバンコク。5月1日から強化された新型コロナ感染防止対策

【タイ】店内飲食禁止のバンコク。5月1日から強化された新型コロナ感染防止対策

  • 友だち追加

4月から新型コロナウィルスの第3波に見舞われているタイ。
特にバンコクは感染者数が最多で、5月1日の国内感染者数が1884人のうち、バンコクは739人です。

すでに感染防止対策として規制措置がとられているバンコクですが、感染者数が増加の一途をたどり出したため、5月1日よりさらに規制が強化されました。

バンコク屈指のビジネス街、アソークの5月1日の様子と、新型コロナ第3波についてお伝えいたします。

一気に広がった新型コロナ第3波

 交通量の少ないアソーク交差点

今回の新型コロナ第3波は、4月5日にバンコクの日本人が多く住むトンローのナイトクラブでクラスターが発生したことから始まりました。
感染は広がり、気が付けば過去最悪の感染者数となっています。

すでにバンコクでは感染拡大防止策として、4月10日からバー、パブ、カラオケなどの娯楽施設、4月26日から映画館、運動施設、マッサージなど多くのカテゴリーの施設やサービス業が営業禁止となっていました。

最高度厳格管理地域となったバンコク

タイでは感染者数に応じて警戒レベルを色で分けています。
バンコクはオレンジゾーンでしたが、今回のゾーニング見直しで、一番警戒レベルの高い赤のさらに上である「濃赤」の最高度厳格管理地域となりました。

バンコク以外の最高度厳格管理地域は、タイ東部のチョンブリー、バンコクと北で隣接するパトゥムタニ、ノンタブリ、南で隣接するサムットプラカン、タイ北部のチェンマイの5県が同じくレッドゾーンです。

5月1日から実施となった規制措置

・マスクの着用
居住地外ないし、公共の場では衛生マスクまたは布マスクを着用しなくてはなりません。
違反者には最高2万バーツ(約7万円)の罰金が科せられます。

この罰金については、先日プラユット首相が会議でマスクを着用していなかったため、6,000バーツ(約2万1,000円)の罰金となって話題になりました。

・集団での活動について
最高度厳格管理地域では20人以上の活動が禁止されています。

・飲食店について

最も影響の大きい飲食店に関する規制措置ですが、すでに営業時間の短縮と店内での酒類提供禁止は実施されていましたが、5月1日から店内飲食が禁止となりました。

営業時間は21時までで、テイクアウトまたはデリバリーでの販売のみ認められています。

・百貨店やショッピングモール、コンビニエンスストアについて
百貨店やモールの営業は21時まで。
セブンイレブンなどのコンビニエンスストアは4時から23時までの営業時間となっています。

・運動施設について
屋内の運動施設、ジム、フィットネスの営業が禁止されています。
屋外の運動施設に関しては21時までで、試合は無観客の場合のみ認められます。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。