ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】お手頃価格のすしや刺身に舌鼓を打つ!「鮨まる」が新規オープン

【ベトナム】お手頃価格のすしや刺身に舌鼓を打つ!「鮨まる」が新規オープン

  • 友だち追加

以前、ベトナム中部の中心地・ダナンに、コロナ禍の2021年6月にオープンしたラーメン店「えびよし(ebiyoshi)」をご紹介しました。
同店は、市街中心部にあるドラゴン橋尻尾側から歩いて10分程の、「Thai Phien(タイ・ヒエン)」通り沿いです。

その隣に、すし業態の姉妹店「鮨まる」が2021年10月にオープンしました。
「鮨まる」は「えびよし」同様、「MIYOSHI Tempura & Wine(三好)」の菊地さんと、ダナンの食のセレクトショップ「Table Produce」の池田さんなどによるお店となります。

今回は「鮨まる」について、お2人にお話を伺いながらご紹介したいと思います。

18万ドン(約900円)のにぎりセット



記者:立地はどのように選びましたか?
菊地氏:日本や日本食が好きなベトナム人富裕層や在住日本人をターゲットにしていることから、シティ側(※)の中心部にしました。
また「えびよし」と隣接させることにより、さまざまな面での相乗効果を期待できると考えました。
お互いの店のメニューを提供したり、両店の料理を一緒にデリバリーすることも可能(「鮨まる」は現在デリバリーサービス準備中)になります。
それどころか、共通する原材料の貸し借り、ピークにズレのある時間帯があるため少ない人数で対応でき、スタッフの熟練度も上がると考えています。

(※)ダナン市は市中心部を流れるハン川を境に、ビーチ側とシティ側にエリアが分けられている。
シティ側はオフィスや飲食店などが多く、工業団地にも隣接しているため、日本人や日系工場・企業で働くベトナム人在住者が多数。

記者:今回の出店に当たり、業態を“すし”にした理由を伺えますか?
菊地氏:ベトナム人向けにリーズナブルで雰囲気のいい、こぢんまりとしたおすし屋さんがあまりなかったためです。
日本的な雰囲気でクオリティも高いすし・和食店は日本人がメインターゲットです。
ベトナム人でも気軽に食べられるすし店は屋台形式であったり、ローカルの色合いが強かったりで、その中間がありませんでした。

店内はカウンターのみ9席。しっとりとした和風の明るい雰囲気が特徴

記者:営業時間を教えてください。
池田氏:ランチは11:00~14:00、ディナーは17:00~22:00です。
定休日はありません。
ご予約もFacebookなどで承っております。
デリバリー体制は準備中です。

鰻玉丼セットも18万ドン(約900円)と、お手頃価格で日本の味を楽しめる
この記事を書いた人(著者情報)

寺内真実

1年ホーチミン、6年以上ダナン在住。
中央大学卒業後は金融系、医療系の会社に勤務。
「暑い国に住みたい」と勢いで渡越し、現地の日系旅行会社を経て、現在は現地サービス業とライター業をしている。
写真は生後1週間で保護した愛猫“大福”と。
著書▼
「癒しのビーチと古都散歩ダナン&ホイアンへ」イカロス出版
※電子版はこちら
関連Webサイト▼
■トラベルコ(ダナンホイアンハノイ)
bizSPA!フレッシュ
たびハピ
ガジェット通信
EXPAT by 講談社 クーリエ・ジャポン

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。