ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】日本食デリバリー専門店「MIKAN DELIVERY- Sushi Món Nhật-」オーナー夫妻インタビュー

【ベトナム】日本食デリバリー専門店「MIKAN DELIVERY- Sushi Món Nhật-」オーナー夫妻インタビュー

  • 友だち追加

2020年から度重なるロックダウンでデリバリー需要が高まっているダナン(ベトナム中部のリゾート都市)。
中でも日本食デリバリー専門店「MIKAN DELIVERY- Sushi Món Nhật-(旧:未感炉端(MIKAN ROBATA)」のお弁当はお手頃価格でボリューム満点と、在住日本人をはじめ多くの方から人気を集めています。
今回はオーナー夫妻の豊村さんにお話を伺いながら、「MIKAN DELIVERY- Sushi Món Nhật-」についてご紹介させていただきます。

オーナー夫妻の豊村歩己さん(右)、芽依さん(左)



記者:ベトナム進出以前の簡単な経歴を教えてください。
歩己さん:以前は大阪で4年間洋食店を経営していました。
しかし土地柄、味やクオリティーよりも安さが重視され、価格競争重視なところに本来自分の提供したい料理との温度差を感じており、移転を検討していました。
芽依さん:私の大学院時代の友人にダナン出身のベトナム人がおり、私自身何度かダナンを訪れた経験から、老後など将来移住したいと思っていました。
そんな時主人から店舗の移転の話を聞き、どうせならいっそのことダナンに出店してみようと提案したのがきっかけです。
2019年11月、ダナンに移住しました。

記者:以前は店舗がありましたが、そちらの立地などはどのように決めましたか?
芽依さん:ダナン出店に当たり、友人がパートナーになり立地やレストランの形態を相談しながら決めました。
歩己さん:元々フレンチとイタリアンを中心とした洋食を作っていましたが、妻やパートナーと話しているうちに「ダナンに出店するなら、日本人の作る洋食よりも日本食の方がいい」となりました。
また、パートナーが日本に留学していた際、炉端焼きに感銘を受けたこと、ダナンは海産物が有名なことから炉端焼きレストランを2020年1月にオープンしました。

自分では作れない洋食店の味!ハンバーグオムライスは18万ドン(約900円)バターライス・ケチャップライスも選べる。筆者お気に入りのハンバーグ弁当14万ドン(約700円)は日替わりで時々登場

記者:2021年7月に店舗を閉業し、デリバリー形態にされたきっかけは何ですか?
歩己さん:やはりコロナ禍ですね。
元々観光客をターゲットにしていたこともあり、観光の停止からロックダウンと店舗の運営に限界を感じていました。
そんな時始めたお弁当が日本人在住者や店舗に来てくださっていたベトナム人の方に大変好評だったことから、デリバリー業態に移行しました。

記者:営業時間を教えてください。
芽依さん:11:00~20:00、日曜定休です。

記者:人気メニューについて教えてください。
芽依さん:唐揚げ弁当、チキン南蛮弁当が人気ですね。
日替わりでカレーやハンバーグなども提供しています。

チキン南蛮弁当、16万ドン(約800円)。自家製タルタルと甘酢ダレの唐揚げでご飯が進む。副菜も日替わりなのがうれしいポイント

記者:ベトナムで出店して苦労したこと・大変だったことは何ですか?
歩己さん:まずはスタッフ教育ですね。
店舗があった頃は規模が大きいレストランだったので、一気に何人ものスタッフを教育しなくてはならないのが大変でした。
日本だと飲食店は下積みからたたき上げていく感覚が強いですが、ここはベトナムなのでレベルを落として指導していたつもりです。
が、それでも難しいと感じることがたくさんありました。
例えば、「うどんは3分ゆでる」と言ってもタイマーを使わず感覚でゆでていたので注意したら、「ベトナム人は柔らかい麺が好きだから大丈夫」と言われたり、唐揚げの温度を測らず揚げて真っ黒なものができあがったり、メモに書いて貼っていても見ずに調理していたり……葛藤がありました。
現在は私たち夫婦と店舗立ち上げ当初からのキッチンスタッフ1人でやっていますが、彼女は忠実に調理してくれているので今はそのストレスがなくなりました。

記者:芽依さんはいかがですか?
芽依さん:店舗があった時は年中無休でとにかくがむしゃらに働いていましたが、デリバリー形態にして定休日を設けた今は他のお店の経営の仕方など自分の目で見て研究する余裕ができました。
また、私はこちらで出産をしたのですが、病院内が早朝からとにかく賑やかでびっくりしました(笑)。
パートナーの友人も同じタイミングで妊娠・出産だったので、それは心強かったです。

お子さんの海翔(かいと)君も宣伝部長として時々登場。日替わりの詳細はFacebookに投稿される

記者:次のビジョンは何ですか?
歩己さん:観光業が復活したら、また店舗を構えて営業したいと思っています。
どのようなジャンル・形態にするかはまだ未定ですが、それも踏まえて今後考えていきたいです。

記者:ありがとうございました。

■MIKAN DELIVERY- Sushi Món Nhật-
住所:54/6 lý tự trọng, Thạch Thang, Hải Châu, Đà Nẵng
電話:+84 90 594 49 69
営業時間:11:00〜20:00
Facebook:https://www.facebook.com/mikanrobata

※1ベトナムドン=0.005円で換算



この記事を書いた人(著者情報)

寺内真実

1年ホーチミン、7年以上ダナン在住。
中央大学卒業後は金融系(FP2級)、医療系の会社に勤務。
「暑い国に住みたい」と勢いで渡越し、現地の日系旅行会社を経て、現在は現地サービス業とライター業をしている。
写真は生後1週間で保護した愛猫“大福”と。
著書▼
「癒しのビーチと古都散歩ダナン&ホイアンへ」イカロス出版
※電子版はこちら
関連Webサイト▼
■トラベルコ(ダナンホイアンハノイ)
たびハピ
bizSPA!フレッシュ
Neonavi
ガジェット通信
EXPAT by 講談社 クーリエ・ジャポン

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。