ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】大人気イタリアン「Pizza 4P’s インドチャイナ店」に「クラフトビールバー」がオープン!

【ベトナム】大人気イタリアン「Pizza 4P’s インドチャイナ店」に「クラフトビールバー」がオープン!

  • 友だち追加

ベトナム全土で大人気の日系イタリアン「Pizza 4P’s(以下、4P’s)」。
ベトナム中南部の高原地帯の街・ダラット産の自家製チーズ、和とイタリアンを折衷したメニュー、職人が1つ1つピザを手作りするスタイルに定評があります。
2011年にホーチミンの日本人街として有名なレタントンにオープンし、現在はベトナム国内に21店舗を展開しています。
2020年12月1日に、以前ご紹介した「Pizza 4P’s インドチャイナ店」1階部分に、「クラフトビールバー」がオープンしました。
目抜き通りのBach Dang(バクダン)通り(※)側から入店でき、4P’sのオリジナル品をはじめ、厳選したクラフトビールを楽しむことができます。
今回は4P’sの開発責任者の久保田さんと、ダナンエリアマネージャーの吉川さんにお話を伺いながらクラフトビールバーについてご紹介いたします。

(※)ダナン市街地を流れるハン川に面した通り。ハン市場やさまざまな飲食店が並び、観光シーズンには多くの観光客で賑わっている

左:エリアマネージャーの吉川さん、右:開発責任者の久保田さん
左:エリアマネージャーの吉川さん 右:開発責任者の久保田さん

記者:1階部分にクラフトビールバーをオープンした経緯について教えてください。
吉川氏:当初はBach Dang通り側から入店できるエントランスとして、店舗を拡張するのみの予定でした。
ですが、新型コロナの影響で工事が延期になり、ダナンの街には海外からの旅行客が消え、7月以降は国内観光客も減り続ける状況に。
そんな状況から、ただ入り口だけを作っても芸がないとなり、4P’sのオリジナルビールをもっとお客さまに知っていただこうという意義を含め、ウェイティングスペース兼クラフトビールバーとしてオープンすることになりました。

タップ上部の緑と黄色は敷き詰められたホップとモルト

記者:クラフトビールバーのポイントとは?
久保田氏:ビールバーは2階のコンセプトの1つ、藍染を活かしつつLively(にぎやか感)を表現できるようにしました。
高い空間を活かすために天井から吊り下げ装飾として、藍染の布を設置し立体的な演出を施してもいます。
また、椅子の脚も本物の藍染です。
風により窓に設置されたカーテンが揺れ動き、それにより藍染の布に向けて当てている照明が揺らぐので、全体が動いた感じになるように設置しています。

記者:装飾に関して強いこだわりがあるようですが、ビールバーだけのコンセプトがあるのでしょうか?
久保田氏:4P’sのビールバーのコンセプトは、「ビールの原材料やプロセスなどをもっと深く理解してもらいたい」で、そこからコミュニケーションが生まれることを期待しております。
コンセプトメッセージをストレートに伝えるために、コンクリート壁にホップとモルトを敷き詰めています(2枚目の写真参照)。
タップにも文字は書かず、ボトルや原材料でお客様が選択できるようにしております。

タップに敢えて文字は書かれていない
  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。