ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】ローカルが経営する人気のPUB「Uncle Don’s」は10店舗拡大中

【マレーシア】ローカルが経営する人気のPUB「Uncle Don’s」は10店舗拡大中

LINEで送る
Pocket

マレーシアでお酒が好きなのはやはり中華系

マレーシアは人種から宗教まで多種多様の人々が共存して暮らしていることで知られていますが、国教はイスラム教です。
イスラム教の戒律は厳しく、様々な制約があります。
その戒律の一つにお酒をたしなむことが禁じられています。
そのため、イスラム教徒が多いマレー系の人々は、お酒を出すお店に入らない人がほとんどです。
反面、中華系やその他の人々は宗教が許せばお酒を自由に飲むことができます。
また、マレー系は公務員、その他はビジネスとはっきり職業が分かれているので、こういったパブやバーもマレー系の人以外を対象としていることが多いようです。

 

IMG_20190205_184950

 

パブで10店舗まで拡大した人気店

IMG_20190205_184859

ランチからディナータイムまで連日賑わっているのが「Uncle Don’s」です。
地元密着型の経営で、郊外の要所に店舗を構えて成功している一例としてご紹介します。
「Uncle Don’s」は、どの店舗もKLCCやBukit Bintangのような観光客が集まる場所ではなく、郊外ながらビジネス街と住宅街が混じり合っている場所にあります。
会社帰りに同僚や家族とのディナーで気軽に寄れる雰囲気の良さが人気の秘密です。
高級なディナーというほどでもないが、多少かしこまったお店へ行きたい時などに重宝するのだそうです。

マレーシアでは酒税が高い

IMG_20190205_204249

マレーシアではお酒に高い税金がかけられているため、スーパーで売っている缶ビールも割高です。
マレーシアではバーや居酒屋で楽しむ場合、お酒代として結構な金額がかかると考えて良いでしょう。レストランや居酒屋での目安はビール1杯20リンギット(約540円)ほどで、およそ日本の倍くらいの価格が付けられています。
そうなると日本のように毎日「ちょっと1杯ひっかけて帰る」ということはなかなか難しいような気がします。そんな中ジョッキグラス1杯10リンギット(約270円)ほどで提供しているこの店は大変貴重なのです。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。