ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】ローカルが経営する人気のPUB「Uncle Don’s」は10店舗拡大中

【マレーシア】ローカルが経営する人気のPUB「Uncle Don’s」は10店舗拡大中

LINEで送る
Pocket

マレーシアでお酒が好きなのはやはり中華系

マレーシアは人種から宗教まで多種多様の人々が共存して暮らしていることで知られていますが、国教はイスラム教です。
イスラム教の戒律は厳しく、様々な制約があります。
その戒律の一つにお酒をたしなむことが禁じられています。
そのため、イスラム教徒が多いマレー系の人々は、お酒を出すお店に入らない人がほとんどです。
反面、中華系やその他の人々は宗教が許せばお酒を自由に飲むことができます。
また、マレー系は公務員、その他はビジネスとはっきり職業が分かれているので、こういったパブやバーもマレー系の人以外を対象としていることが多いようです。

 

IMG_20190205_184950

 

パブで10店舗まで拡大した人気店

IMG_20190205_184859

ランチからディナータイムまで連日賑わっているのが「Uncle Don’s」です。
地元密着型の経営で、郊外の要所に店舗を構えて成功している一例としてご紹介します。
「Uncle Don’s」は、どの店舗もKLCCやBukit Bintangのような観光客が集まる場所ではなく、郊外ながらビジネス街と住宅街が混じり合っている場所にあります。
会社帰りに同僚や家族とのディナーで気軽に寄れる雰囲気の良さが人気の秘密です。
高級なディナーというほどでもないが、多少かしこまったお店へ行きたい時などに重宝するのだそうです。

マレーシアでは酒税が高い

IMG_20190205_204249

マレーシアではお酒に高い税金がかけられているため、スーパーで売っている缶ビールも割高です。
マレーシアではバーや居酒屋で楽しむ場合、お酒代として結構な金額がかかると考えて良いでしょう。レストランや居酒屋での目安はビール1杯20リンギット(約540円)ほどで、およそ日本の倍くらいの価格が付けられています。
そうなると日本のように毎日「ちょっと1杯ひっかけて帰る」ということはなかなか難しいような気がします。そんな中ジョッキグラス1杯10リンギット(約270円)ほどで提供しているこの店は大変貴重なのです。

Uncle Don’sの人気はビールの割引

IMG_20190205_184939

「Uncle Don’s」はパブなので、このように棚にはずらりとお酒が並んでいます。
そして、バーのカウンター中央にはビールサーバーが2つ置かれていました。
一番人気なのはビールのようで、その日もビールジョッキを片手に会話を楽しんでいる人が多く見られました。

アンクルドン

 

ビールは冷凍庫でキンキンに冷やされたジョッキにそそがれて出てきます。
このグラスで1杯10リンギット(約270円)ほどなので、平日でも多くのお客様が入っています。
10杯まとめて頼むと割引になるお得なシステムが、口コミで話題になっていることも関係あるようです。
サッと入って軽くお酒を飲みたい時にも使い勝手が良いようです。

店内は使いやすいスペースに

IMG_20190205_185021

すべての店舗は路面店として設計されており、赤と白のロゴが目立ちます。
入り口はオープンスペースなので、中までよく見渡せる上に奥行きが広く取ってあります。
大きなバーカウンターの周りには各テーブルがセッティングされていますが、端には一人用のテーブルも備えてあります。
客層も大所帯からカップル、そして一人で楽しんでいる人まで様々。
家族連れも多いことから、壁には「禁煙」のマークがありました。
どんな用途にも使えるように工夫がされていることが伺えます。

料理はバラエティ豊かで選ぶのが楽しくなる

IMG_20190205_190838

 

肉料理から魚料理、おつまみ、ピザまで幅広く用意してあります。
一人でディナーを楽しみたい時は一皿メインを注文すれば良いですし、大勢でワイワイとシェアしながら食べることも可能です。
フライドポテトやバーガー、フィッシュ&チップスなどをつまみにビールを飲んでいる人が沢山いました。
パブの料理と言っても一皿はしっかりしたもので、夕食にも十分な量が出て来ます。

オーナーはDon Daniel Theseiraさん

IMG_20190205_184957

このお店を開いたのはDon Daniel Theseiraさんです。
マレーシア、シンガポール、オーストラリアで38年のシェフの経験があるとのこと。
海外のパブ文化をマレーシアに持ち込んで成功させたことから、かなりの敏腕と言えそうです。
お客様が気持ち良くお酒を楽しめるような心配りが隅々にまで行き届いているのは、シェフとして海外での勤務経験があるからかもしれません。
全体的に食事はリーズナブルで、店舗の内装は美しく高級な感じにまとめられています。
Bukit Bintangのような市の中心部ではなく、郊外のエリアのみに出店をしているのも家賃を抑えて価格に反映させる戦略であるのでしょう。

ぜひパブの楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

店舗名:Uncle Don’s(TTDI店)

住所:No.17,Jalan Wan Kadir2,Taman Tun Dr Ismail,60000,KL

連絡先:info@uncledons.com.my

HP:http://www.uncledons.com.my/

※マレーシアリンギット27.06円にて計算

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介