ホーム >  タイ > 【タイ】ガイド本はいらない!?タイのミシュランといわれる「緑の丼」マークのお店

【タイ】ガイド本はいらない!?タイのミシュランといわれる「緑の丼」マークのお店

LINEで送る
Pocket

バンコクの町を歩いていると、飲食店の看板に度々同じマークがついていることに気がつきます。
店名の横側に描かれている「緑の丼」のマークです。
系列店にしては数が多いですし、料理のカテゴリーも異なるので、不思議に思われる方もいるかもしれません。

実はこのマーク、タイ版ミシュランと言われているグルメの評価を表すマークで、緑の丼のマークのあるお店は「美味しいと認められたお店」という意味なんです。
では、その緑の丼マークは一体どういうもので、有名なお店はどこにあるのでしょう。

緑の丼マークとは

gd_1

 

食通として有名なタイの王族であるタナッシー氏が、自らお店を訪ね、料理を食べて美味しいと認めた料理や食材に対して、認定書と共に緑の丼マークを掲げることを許可したのだそうです。
よく看板を見るとタナッシー氏のサインが入っています。

これはタイの石油会社であるシェルの、1961~98年に“Shell Chuan Chim”という企画で「ガスを使って美味しいお料理を」といった趣旨のキャンペーンが行われ、美味しいお店が冠する緑の丼マークの制度が作られたものだそうです。

タナッシー氏はこの企画の依頼を受けた形ですが、お店の選出はふらりと抜き打ちで現れ、料理を食べて認定したということですから、お店の方からアピールすることができないため、より優れた料理や食材であったことが伺えます。

この企画は、残念ながら1998年に終了しており、キャンペーン期間に認定されたお店のみ緑の丼のマークが掲げられていますが、現在でもこのマークは大いに美味しいお店として参考にされています!

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。