ホーム >  タイ > 【タイ】ガイド本はいらない!?タイのミシュランといわれる「緑の丼」マークのお店

【タイ】ガイド本はいらない!?タイのミシュランといわれる「緑の丼」マークのお店

LINEで送る
Pocket

バンコクの町を歩いていると、飲食店の看板に度々同じマークがついていることに気がつきます。
店名の横側に描かれている「緑の丼」のマークです。
系列店にしては数が多いですし、料理のカテゴリーも異なるので、不思議に思われる方もいるかもしれません。

実はこのマーク、タイ版ミシュランと言われているグルメの評価を表すマークで、緑の丼のマークのあるお店は「美味しいと認められたお店」という意味なんです。
では、その緑の丼マークは一体どういうもので、有名なお店はどこにあるのでしょう。

緑の丼マークとは

gd_1

 

食通として有名なタイの王族であるタナッシー氏が、自らお店を訪ね、料理を食べて美味しいと認めた料理や食材に対して、認定書と共に緑の丼マークを掲げることを許可したのだそうです。
よく看板を見るとタナッシー氏のサインが入っています。

これはタイの石油会社であるシェルの、1961~98年に“Shell Chuan Chim”という企画で「ガスを使って美味しいお料理を」といった趣旨のキャンペーンが行われ、美味しいお店が冠する緑の丼マークの制度が作られたものだそうです。

タナッシー氏はこの企画の依頼を受けた形ですが、お店の選出はふらりと抜き打ちで現れ、料理を食べて認定したということですから、お店の方からアピールすることができないため、より優れた料理や食材であったことが伺えます。

この企画は、残念ながら1998年に終了しており、キャンペーン期間に認定されたお店のみ緑の丼のマークが掲げられていますが、現在でもこのマークは大いに美味しいお店として参考にされています!

バンコクの緑の丼の有名店

gd_2

バンコクでは「緑の丼の美味しいお店」として紹介されることが多いお店がいくつかあります。
その中でも、常に来客でいっぱいのポピュラーなお店を2つご紹介したいと思います。

スクンビットのクイッティアオのお店「ルンルアン」

gd_3

プロンポンのスクンビットソイ26にあるクイッティアオの人気店です。
こちらはコスパが良く上質な料理を出すお店として認定される、本物のミシュランのビブグルマンにも選出されています。
そのため、このお店のクイッティアオは大変有名であり、地元のタイ人はもちろん、観光客も多く訪れています。

gd_4

麺の太さや種類、具は豚肉やモツ、魚のつみれなど、そしてスープは醤油系やトムヤムスープなどが選べます。
具材で人気なのは、やはり全てが入ったMixです!

gd_5

今回筆者は、お米の麺にすべての具材が入ったMix、スープはノーマルなクイッティアオのスープで注文しました。
価格は60バーツ(約200円)

〈店舗情報〉

ルンルアン

電話:02-258-6746

住所:10 Sukhumvit 26, Bangkok

シーロムのカオマンガイのお店「ギンヘン」

kmg

オフィス街であるシーロム通りの、シーロムコンプレックスの隣に立地しているカオマンガイの有名なお店で、平日のランチタイムはビジネスマンなどで賑わっています。

gd_7

定番のカオマンガイは鶏肉も柔らかく、炊き込んだご飯も味がしみていて美味。
日本人でも食べ易い薄味スープもついて40バーツ(約130円)と低価格です。
その他、揚げた鶏肉のカオマンガイトートなども人気です。

〈店舗情報〉

ギンヘン

電話:02-632-0200

住所:Silom Road, Silom, Bangrak, Bangkok

まとめ

緑の丼は、お店についての評価ではなく、認定された特定の料理と食材についての評価のため、常にクオリティチェックが行われているわけではないので、マークがついたお店の料理が全て絶品かと言われると、そういうわけではなさそうです。
しかし、一目で分かり易く、話のネタにもなるので、有名店などは是非行ってみたいですね!
タイの日本食もこのような企画があると面白いかもしれません。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介