ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】所変われば品変わる!ベトナムの「エッグコーヒー」ってどんな飲み物?

【ベトナム】所変われば品変わる!ベトナムの「エッグコーヒー」ってどんな飲み物?

LINEで送る
Pocket

所変われば品変わる!日本国内だけでも、隣の県に行くと独自の名産があったりしますが、国外だとなおさらですね。
コーヒー生産国世界ナンバー2であるベトナムには、エッグコーヒーという変わったコーヒーがあります。
その名の通り、卵がコーヒーに入っており、デザートのように楽しむことができるんです。
今回は、気になるエッグコーヒーをご紹介していきたいと思います。

エッグコーヒーとは

ec_1

エッグコーヒー(英語: egg coffee、ベトナム語: cà phê trứng)は、ベトナムで生産されるロブスタ種のコーヒーに、卵黄、そして砂糖や加糖練乳を混ぜて作ります。
ハノイ発祥の飲み物で、すでに1950年代から親しまれていました。
一説には、戦時中ミルクなどの物資が手に入りにくい時期に、卵黄が代用されたのがはじまりであるという話もあります。
ハノイだけで飲まれていたエッグコーヒーですが、今はホーチミンでも提供しているお店があります。

もしも日本でエッグコーヒーを出したなら

もし、この不思議な飲みものエッグコーヒーを日系のお店で飲むことができるとしたら、日本人のお客さんはどういった反応をするでしょう。
例えば、卵を使った飲むコーヒーデザートという切り口であると新鮮かもしれませんね。
しかし、卵の入ったエッグコーヒーと聞くと大抵は、少し奇抜なメニューだが大丈夫?という反応が多いようです。

ベトナム伝統のエッグコーヒーをメニューに入れるなら、ベトナムの食文化の一つなので、やはり本格的なエッグコーヒーの入れ方や素材をステータスのあるお店や人物から取得したことが全面に押し出される必要があると言えるでしょう。

ベトナムコーヒーと日本のコーヒー

vc

ベトナムで生産されるコーヒーはロブスタ種です。
こちらは苦味が強く、日本でも人気のアラビカ種のようにストレートで飲むことが難しい種類で、そのためロブスタ種は缶コーヒーなど甘みを加えた形で使用されることが多いようです。
実際ベトナムでは、コンデンスミルクや砂糖などを入れて飲むことが一般的であり、エッグコーヒーもこうしたことからロブスタ種を活かす飲み方と言えるかもしれません。

もし、日系カフェでこのロブスタ種を積極的に導入するとしたら、ストレートコーヒーを好む日本人ではありますが、ベトナムでのコーヒーの飲み方を参考に、ロブスタ種の苦味が活かされるミルクやクリームなどと一緒に苦味を楽しむコーヒーメニューが最適ということになるでしょう。

Little HaNoi Egg Coffee 〜Góc Hà Nộiのエッグコーヒー

ec_2

前述したように、エッグコーヒーといえばハノイの飲み物という感じですが、ホーチミンでもエッグコーヒーを楽しめるお店がいくつかあります。
その中でもブイビエン通りという好ロケーションにあるGóc Hà Nội(ゴックハノイ)をご紹介いたします。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。