ホーム >  タイ > 【タイ】バンコクで増加中の日本人エンジニアの生態と食生活

【タイ】バンコクで増加中の日本人エンジニアの生態と食生活

  • 友だち追加

3.エンジニアは高所得ですが消費をしない傾向があります

IMG_6562

エンジニアはバンコクの日本人の中でも最も所得が高い職種の1つです。
20代前半で週3勤務でも月20万円以上稼いでいる人もいます。
しかし遊びや服などにお金を使わず、土日もプログラミングを学び自身のスキルアップに励む方が多いため、支出は多くありません。
主な支出は家賃(GAOGAOハウスのような高級コンドミニアムでもドミトリーの場合30,000円/月)と食事のみです。

2.バンコクの日本人エンジニアの食生活

IMG_6515

1.日本食の外食か、中食(インスタント食品やスーパーの既製品)をしています

バンコクは外食や中食が安く美味しいため、自炊をすることはほとんどありません。

外食は日本食を食べる方が多いです。
タイに1ヶ月以上住んでいるとタイ料理の味に飽きて、日本食が恋しくなるためです。
バンコクは日本食が豊富で、すき家や大戸屋など日本のチェーン店も出店しています。
ただ、日本食でもタイ人向けの味付けにしている店が複数あること、日本食は1食につき800円〜1,000円と高いため、より低価格(500円ほど)で食べることができると嬉しいとのことです。
中食はスーパーでおかずを買ったり、インスタント食品のカップラーメンなどを食べることが多いです。

日本人エンジニアを新たなターゲットに飲食ビジネスができるかもしれません

IMG_6521

バンコクの日本人エンジニアは従来からタイに根付いている日本人駐在員とは異なった食生活や消費性向があります。
コストパフォーマンスの良い日本食を、外食や中食で食べたいと考えている彼らに向けて新たに飲食店ビジネスができるかもしれません。

 

 

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。