ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシア最大級の旅行博MATTA FAIR2019レポート

【マレーシア】マレーシア最大級の旅行博MATTA FAIR2019レポート

  • 友だち追加

高い人気を誇る日本のブース

2018年にMATTA FAIRで選ばれた「マレーシアにおいてアジアで最も人気のある旅行先」は日本。
マレーシアでも消費の中心となる中華系だけではなく、人口の約70%を占めるマレー系(ムスリム)にとっても、人気が急上昇している。

マレーシア旅行博matta fair

JNTO(日本政府観光局)のビジット・ジャパン事業の一つとして出展したジャパンパビリオン。
ミニイベントは日本に興味を持つ多くの来場者で賑わっていた。

IMG_4140_01

京成電鉄株式会社の白鳥正之氏は、八千代台駅、京成大久保駅、実籾(みもみ)駅の駅長
「成田空港から都心までのアクセスとして、スカイライナーの利便性を伝える」ために、京成トラベルサービス株式会社事業開発部本社営業所主査の近藤聡氏と共に来場者へ熱心にPRしていました。
「クアラルンプールの経済的発展がそのまま日本のインバウンド需要の勢いに繋がっていることを実感できるため、利用客の増加に期待して、ここ数年は毎回出展しています」と話した。

MATTA FAIRのビジターの多くはその場で予約支払い

来場者にとっては、MATTA FAIRは展示会、見本市というよりも格安航空券やツアーを購入し、情報を得る場所という位置づけが強い。

マレーシア旅行博matta fair

マレーシア旅行博matta fair

これらは全てインターネットでできるのだが、来場者は実際に自分でパンフレットを手にとり、複数の旅行会社を見て回り、予約をして代金を支払うという能動的な消費活動に価値を見出している人が多いと考えられる。

「もうすでに日本を何度も旅行で訪れている」と話す中華系のMichael&Iris Kohr夫妻は、
「インターネットでは知りたい情報が探せなかったため日本パビリオンを訪れた。
すでに北海道、九州などもツアーで行ったことがあるため、(まだマレーシアではあまり知られていない)飛騨高山に行きたい」と話す。

マレーシア旅行博matta fair


ますます訪日需要が高まっているマレーシア。
日本におけるインバウンドの需要促進をするためのPRはもちろん、現在、マレーシアで人気や話題となっている食、文化、モノなど、マレーシア進出へのヒントを見つけられそうなイベントだった。

マッタフェア(MATTA FAIR)
会場:プトラワールドトレードセンター(Putra World Trade Centre=PWTC)
会期:2019年3月15~17日
URL:http://www.mattafair.org.my/index.php/en/

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。