ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】ベーカリーがアツい!シンガポールの人気ベーカリーショップ

【シンガポール】ベーカリーがアツい!シンガポールの人気ベーカリーショップ

  • 友だち追加

日本と同様、シンガポールでも「パン」は主食の1つである。

シンガポールには⼤⼿から、HDB(公団住宅)の商業施設に店舗を構える個人店「近所のパン屋さん(Neighborhood bakery)」、外国企業など、多くのベーカリーメーカーが存在する。
中にはカフェを併設している店舗もあり、⾷事時になると多くの⼈で賑わっている。

近年はパンの生地や原材料にこだわった個人ベーカリーが、以前より増えてきている。
人気のスポットにお店を構え、グルメ好きシンガポール人の間で話題になっているようだ。
インスタグラムなどSNSでも、そういったお店を紹介した投稿を多く見かける。

今回は、シンガポールで人気を集めているベーカリーショップを紹介する。

日本の原材料使用や技術提携が人気の鍵?シンガポール大手ベーカリー

筆者がシンガポールに住み始めた1990年代は、現在と違いベーカリーは少なく、HDB(公団住宅)の下にある、いわゆる「近所のパン屋さん」くらいだった。
品ぞろえは食パン、バターロールといった食卓パンや惣菜パンと、日本のベーカリーとほぼ変わりないが、パンそのものは生地の味わいを楽しめるものが少なかった。
それは使用している小麦粉の品質であったり、バターの質であったり……。
特に気になったのは、バターを使用したパン自体が皆無ではないものの非常に少なく、ほとんどがマーガリンを使用していたことである。

今や、そんな背景があったとは思えないほど、一流の腕を持ったベーカリーがたくさん存在する。

2000年近くになると、シンガポールの⼤⼿ベーカリーメーカーが登場し、ショッピングモールに進出するようになる。
その代表格がFour LeavesBreadTalkではないだろうか。
⽇本の製粉を使⽤・⽇本のパン製造技術・⽇本の⾼い品質基準を適⽤しているFour Leavesは1981年に1店舗目を開店させ、2000年くらいからはショッピングモールなどで目にするようになった。
今では島内の主要ショッピングモールを中心に、FourLeaves ブランドを30店舗展開している。
島内に限らず、マレーシアにも店舗展開を広げている。

そしてFour Leavesは数々のベーカリーブランド(St.Leaven、Epidorなど)をプロデュースしている。
そのうちの1つにYamazakiがあり、こちらは日本の山崎パンが運営に参画している。
その為、Four Leavesは日系のベーカリーとしても知られており、日本人の買い物客を多く見かける。
Yamazakiはシンガポール南部にある大型ショッピングモールVivoCity、そして東部の大型ショッピングモールTampines Oneに展開している。

resize1

またBreadTalk は地元シンガポール⼈の職⼈に交じって、⽇本⼈や台湾⼈がパンを作っている。
⽇本の製粉やニュージーランドのバターを使い、素材にもこだわったパンをバラエティー豊かにそろえている。
加えて、シンガポール⼈の憩いの場となっているカフェ「TOAST BOX」を併設させた店舗も展開するなど、相互拡⼤を見込んだビジネスセンスを発揮してもいる。
Bread Talkのバンズにポークフロス(※1)をトッピングしたパンは、シンガポールでは惣菜パンとして人気だ。

(※1)Pork Floss。豚⾁でできた“でんぶ”みたいなもの

これらの大手ベーカリーでは、日本でもおなじみの惣菜パン(例:ハム&チーズ、ソーセージなど)以外に、シンガポール独⾃の惣菜パンも多く取り扱っている。
いくつかの独自の惣菜パンをご紹介しよう。

1:Otah (オタ):オタと呼ばれる⿂のすり⾝をバンズにのせたもの

2:Bak Kwa(バクワ):乾燥させた豚⾁をしょう油と砂糖、五⾹粉というスパイスで⽢⾟く味つけし、炭⽕で焼いたポークジャーキーをトッピング

3:Kaya (カヤ):ココナッツミルク、卵黄、砂糖、そしてパンダンリーフ(東南アジアでは料理、お菓子によく使われるハーブ)から作ったジャム(カヤ)を挟んだパン。トーストにカヤを塗って提供することが多い

気になる価格帯は、惣菜パンで1〜2ドル(約78~157円)前後、⾷パンになると3ドル(約235円)前後。
昼⾷や⼣⾷の時間帯になると、持ち帰りの⼈でショップは賑わっている。

resize 3

resize7

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。