ホーム >  タイ > 【タイ】水の掛け合いやイベント禁止。寂しいタイ最大の水掛け祭り「ソンクラーン2021」レポート!

【タイ】水の掛け合いやイベント禁止。寂しいタイ最大の水掛け祭り「ソンクラーン2021」レポート!

  • 友だち追加

水掛け祭りとして有名で、世界中から多くの観光客が訪れるタイ最大のお祭りソンクラーン。
昨年は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、水掛け祭りは禁止でしたが、今年も残念ながら第二波、第三波の影響で禁止となりました。

そんな水掛け祭りのないソンクラーン初日のバンコクを歩いてみました。

ソンクラーンについて

スーパーでは水を掛け合う用の水鉄砲が販売されていた

タイの旧暦におけるお正月。
以前は4月の中旬あたりでしたが、現在は祝日として4月の13~15日に固定されています。

ソンクラーンという名前より、水掛け祭りという方が日本人に住んでいる方にとってはなじみ深いでしょう。

水掛け祭りは、元は家族で仏像にお清めの水を掛けていたものが、お互いへの水の掛け合いに発展したもので、これに併せて大々的にイベントなどが行われます。
今や世界中からソンクラーンに参加するため、多くの観光客が訪れるタイ最大の目玉イベントとなっています。

新型コロナ規制下のソンクラーン2021

2020年12月中旬にサムットサコーン県の魚介市場から広がった新型コロナウィルスの第二波により厳しい規制が敷かれたタイですが、その規制も徐々に緩和され、今年のソンクラーンは条件付きながらも水の掛け合いができるかもしれないという噂がありました。

しかし、大勢の人が集まるのは、クラスターが発生するリスクがあるとして、水の掛け合いやコンサートなどのイベントは禁止となりました。

バンコクでは2021年4月に日本人街周辺で発生したクラスターによる第三波が広がっており、とてもお祭りを開催できる状況ではない中で迎えたソンクラーンです。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。