ホーム >  タイ > 【ベトナム-タイ】完全開国したタイにベトナムから行ってみた!

【ベトナム-タイ】完全開国したタイにベトナムから行ってみた!

  • 友だち追加

2022年10月1日に大幅規制緩和し、“完全開国”とニュースになったタイ(詳しくはこちら)。
新型コロナウイルス感染症蔓延後の現在、私の住んでいるベトナム・ダナン(ベトナム中部にあるリゾート都市)からタイのバンコクへは3社の航空会社がスワンナプーム国際空港・ドンムアン空港へ直行便を飛ばしており、身近な国です。
今回はベトナムからタイに行ってみたレポートをさせていだたきます(2022年10月5日時点)!

ダナン国際空港のチェックインカウンター



 

ベトナムからタイへ、ダナンの国際線と出国審査の様子

ダナンは韓国やASEAN諸国からの便がほとんど

今回私が利用したのは、ダナン-ドンムアン(バンコク)の往復直行便です。
ダナン国際空港の国際線ロビーに行ったのは、新型コロナ流行前なので約2年半ぶり!
まだ日本とダナン直行便は再開していませんが、韓国の各都市や東南アジアの主要都市からの直行便が飛んでいるため、新型コロナ流行前と比べたら人数は少ないですが利用者がちらほらいました。

ダナン国際空港国際線の免税店

免税店は全てオープン

免税店も全て開店しており(といってもダナンの国際線は小さいので、それほど店舗数が多いわけではないですが)、普通にショッピングや飲食店で休憩ができるようになっていました。
以前は国際線も大勢のベトナム人が利用していましたが、今回は韓国や他のASEAN諸国の旅行客が多く感じました。

タイの入国審査

搭乗率は7~8割程度

スワンナプーム国際空港でもドンムアン空港でも、イミグレーション(出入国管理)にとても時間がかかるイメージがあったのですが、今回は待ち時間ほぼゼロで通過できました。
スワンナプーム国際空港着だと、もっと混んでいたかもしれません。
10月1日の発表通り、ワクチン接種証明書や陰性証明書の提示は不要でした。
さらにコロナ禍以前はタイ入国時に出入国カードの記入が必要でしたが、そちらが撤廃されていたのでむしろ以前よりもスムーズに入国できました。

バンコクの街の様子

渋滞も復活?

街の様子としてはコロナ禍以前に旅行したのと変わらないほど人が多く、バンコク名物(?)の車の渋滞も健在でした。
タイはマスク着用義務を撤廃との発表でしたが、空港職員や飲食店スタッフ、ホテルスタッフだけでなく、街中でもまだマスクをしている人が8割くらいでした。
ベトナムに住んでいる私も、タイに着いて、いざ「マスクを外してもいい!」となってもまだ完全に外す気にはなれず(※1)。

(※1)ベトナムでは現在、
・急性呼吸器感染症の症状がある人
・新型コロナ感染者および感染疑い者
・飛行機、電車、フェリー、バス、タクシーなどの公共交通機関を利用者
上記を除き、公共の場でマスクを外してもよいことになっている。
市場やスーパーマーケット、商業施設、映画館、飲食店などでもマスクを外してよいが、保健省は公共の場でのマスク着用を推奨。

ホテルの朝食ビュッフェも復活していた

外国人観光客はダナンよりも多い印象で、ホテルや中心街、ナイトマーケットなども賑わっていました。

ジョッドフェア(※2)の様子

(※2)2021年に新たにバンコク市内、ラーマ9世通りにオープンした市場。
飲食店やファッション、雑貨など、さまざまなアイテムが並ぶ。

アジアティーク・ザ・リバーフロント(※3)は一部空き店舗がありましたが、飲食店や無料ボート(観光船)の運航は再開しており多くの方が利用していました。

(※3)バンコクの中心を流れるチャオプラヤー川沿いの倉庫跡地を利用してできた商業施設。
観光客向けのアジア雑貨やお土産店、バンコクで人気のファッション、雑貨などの小売店1500店ほどと約40店の飲食店が集まっている。

アジアティークの無料ボートも混雑

また、バンコクの人気パッタイ(タイの焼きそば)店「ティップサマイ・プラトゥピー」も、新型コロナ流行前同様に行列ができていました。

観光客の行列も復活

タイからベトナムへ、ドンムアン空港の様子

ドンムアン空港の免税店はほとんど営業

タイからベトナムに帰る際の国際線の方が混んでいました。
といっても出国審査は30分もかからなかったです。
免税店は全部ではないですがカフェやコンビニ、ドラッグストアなどが営業していました。

まとめ

航空機の出発が重なる時間帯だともっと混んでいたのかもしれませんが、ダナンでもタイでも出入国審査は今まで経験した中で一番短時間でした。
現在ベトナムもタイもワクチン接種証明書や陰性証明書の提示は不要ですし、特にタイは日本を含むビザ免除国はビザなしで45日間滞在可能です。

新型コロナ明けの海外旅行や海外市場調査にASEANを選んでみてはいかがでしょうか?


この記事を書いた人(著者情報)

寺内真実

1年ホーチミン、7年以上ダナン在住。
中央大学卒業後は金融系(FP2級)、医療系の会社に勤務。
「暑い国に住みたい」と勢いで渡越し、現地の日系旅行会社を経て、現在は現地サービス業とライター業をしている。
写真は生後1週間で保護した愛猫“大福”と。
著書▼
「癒しのビーチと古都散歩ダナン&ホイアンへ」イカロス出版
※電子版はこちら
関連Webサイト▼
■トラベルコ(ダナンホイアンハノイ)
たびハピ
bizSPA!フレッシュ
Neonavi
ガジェット通信
EXPAT by 講談社 クーリエ・ジャポン

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。