ホーム >  タイ > 【タイ】支えられて17年。日本食の「竹亭」が歴史に幕!

【タイ】支えられて17年。日本食の「竹亭」が歴史に幕!

  • 友だち追加

6735

日本食ブームの続くタイでは、日本食レストランの出店ラッシュが後を絶たない。
民間の調査では、その数2000とも3000とも。
近ごろは日本からの出店を凌ぐかのようにタイ資本による新たな展開も始まっており、その動きは地方都市にも広がっている。
こうした中、バンコクのビジネス街で、老舗の人気店が惜しまれながらも17年の歴史に幕を閉じる出来事があった。
店主は「敗北」を素直に受け入れるとして、妻の出身地である中部プラチュワップキーリーカン県で再起を誓う。
その生き様を追った。


写真 2017-08-24 21 44 39

2017年8月25日で閉店したのは、シーロム・ソイ10にあった日本食レストラン「竹亭」。
2000年6月、バックパッカーの聖地カオサンで生まれ、最盛期は2店を展開していた。
シーロム地区に出店してからはオフィス街のタイ人、西洋人、日本人らビジネスマン相手に、フュージョン系の創作寿司や肉料理などを提供。
メニューも大幅に増やし、日本からの出店モデルとして受け止められたこともあった。

店の売り上げが芳しくないと感じ始めたのは、2011年大洪水後の復興景気が止んだころからだった。
仕事帰りのビジネスマンの財布の紐が固くなり、家路へと急ぐ人が増えた。
前後して、以前はなかったお洒落な日本食レストランがシーロムでも目立つようになり、少なくなった顧客はこうした人気店に流れていった。
前国王崩御をきっかけとした景気の冷え込みも響いた。

6727

もちろん模様眺めを続けていたわけではない。
「売り上げが減っているのは、店が提供しているものとお客さんの求めているものに何らかのズレが生じているから」と、顧客ニーズを確かめるための視察を頻繁に重ねた。
他店の良いところは素直に取り入れ、それまでのこだわりも一切捨てた。
店に活気を持たせスタッフを明るく盛り上げようと、店主自らが声を出して接客にも努めた。
可能な限りの改革は進めたつもりだった。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。