ホーム >  タイ > 独自の進化を遂げはじめたバンコクのSUSHI事情

独自の進化を遂げはじめたバンコクのSUSHI事情

LINEで送る
Pocket

【MAGURO SUSHI~Fresh Sushi Creation~】

店舗外観
店舗外観

Osaka Castle 290バーツ(870円)、Maguro Tower 420バーツ(1,260円)、Red Moon 480バーツ(1,440円)、Sun Shine 350バーツ(1,050円)、Kuruma Lava 220(660円)、、、メニューには独創的な寿司の数々が並ぶ。ここはバンコクの郊外、スワンナプーム国際空港にもほど近いバンナ地区にあるMAGURO SUSHIである。

創作寿司メニュー
創作寿司メニュー

バンコクの一般的なサラリーマン、OLの昼食の金額が60〜80バーツ(180円〜240円)程度であることを考えると、前述の料金はかなり高額であるにもかかわらず、約70席のモダンなデザインで装飾された店内は平日・土日を問わず満席が続く。来店客はほぼ100%タイ人のお客様で、4名以上のファミリー客が多く見られ、レジでは3,000バーツ(9,000円)~10,000バーツ(30,000円)と会計する姿が当たり前のように見られる。

店内
店内

オーナーは30歳代のタイ人。Facebook、Instagram、LINEを通じて、タラバガニや蝦夷あわびなどといった旬の素材を毎週のように調達してキャンペーンを実施することは、もはやバンコクでは珍しい手法ではないが、MAGURO SUSHIではオーナー自ら約127,000人のFacebookのファンに向かって、築地や小樽の市場から仕入れの様子をライブ中継するなど、最新の販促方法を駆使して集客を図っている。

キャンペーンPOP
キャンペーンPOP

Facebookのブームと共に、バンコクでは3~4年前から味はともかく、写真を撮ってアップしてもらえるユニークで奇抜な創作寿司を出すお店が増え始めたが、味を伴わないお店は徐々に淘汰されていった。MAGURO SUSHIはオーナー自ら、定期的に日本を訪れ、魚市場や漁場で2~3週間かけてマグロやウニなど仕入れる。ネタや素材の味を吟味して廻っており、味も確かである。大トロやシマアジ、アナゴ、海老などといったオーセンティックな握り寿司ももちろん揃えている他、天ぷら、サラダなどのアラカルトメニューも数多く揃えているが味の追究にも手を抜かない。MAGURO SUSHIでは現在バンコク郊外のラマ3通りに2号店のオープンを進めている。

大マグロ
大トロ

【バンコクに到来した寿司ブーム】

タイでは1970年にタニヤで築地寿しが創業、1988年には日本亭や葵といった本格的な日本料理を提供するお店が創業するなど、既に30年40年といった歴史があるが、それらのお店で修行を積んだタイ人調理師が2000年代頃から独立を始めた。

特に2009年に築地寿しなどで20年以上のキャリアを積んだブンタン氏とバンゥーン氏が「日本に行かなくても本物のすしを食べることができる店」をコンセプトに本物すしをトンローで開業し、富裕層タイ人の間で人気店となったが、のちに、ブンタン氏はTV番組アイアンシェフで和の鉄人として登場。創作的な日本料理で対戦相手の日本人シェフをなぎ倒す姿に人々は熱狂し、タイ人調理師の憧れの存在となった。最近ではブンタン氏の自伝も発刊されている。

同時期に、バンコク中心部では天裕グループや無限大グループといったタイ人オーナーの高級寿司店、和食レストランが展開を開始したことなどもあり、寿司ブーム、和食ブームが到来した。

OYSTER UNI
OYSTER UNI

2013年にはバンコク郊外のラマイントラでSUSHI HIROが創業。小樽から毎週コンテナで空輸した新鮮な寿司ネタや、毎週全店でスペインから輸入して行なうマグロの解体ショー、他店に先駆けはじめたFacebookやLINEを駆使した広告展開で大人気の店となり、現在、ラマ9、ラマ3など主にバンコク郊外を中心に9店舗まで拡大しているがどの店もよく集客している。

【独自に進化を遂げはじめたバンコクの寿司】

KURUMA LAVA
KURUMA LAVA
Ebi Hamachi(左)とSunshine(右)
Ebi Hamachi(左)とSunshine(右)

現在、日本人がマネジメントする寿司店よりも、タイ人がマネジメントしている寿司店の方が明らかに集客し、売上をあげている。

なぜか?

これは私の推測を含むが、子供のころから甘味・辛味・酸味を自分で味つけし調合出来る舌を持つタイ人が、日本料理を基礎から学び、日本人のオーナーやボスがいない環境の中で、本来タイ人の気質として持っている楽しく自由で型にとらわれない寿司を、タイ人のお客様のニーズにあわせて提供を始めたこと。もう一つは、やはり、タイ人のことはタイ人がよく理解しており、Facebook、Instagram、LINEなどSNSを使った販促展開を駆使するなどマーケティングが上手いことにあると思う。

おまかせ
おまかせ

先日バンコク中心部の高級デベロッパーのGMと面談したが、「いまのタイ人はオーセンティックな日本料理店は求めていない。それはテナントの売上を見ても顕著に現れている。」という言葉が私の推測を裏付けるものとなったが、近い将来、タイ発の寿司店、日本料理が日本に逆上陸する日が訪れるかもしれない。

 

■店舗情報

MAGURO SUSHI看板
MAGURO SUSHI看板

【MAGURO SUSHI Bangna-Trad店】

住所:Bangna-Trad Rd,KM.4,Bangna,Bangkok,Thailand

TEL 0625566266

■Web Site

http://www.maguro.co.th/

■Facebook Page

https://www.facebook.com/magurogroup

営業時間

11:00AM~22:00PM

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介