ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】カンボジアで現在急増中!プノンペンのネットカフェに潜入してみた。

【カンボジア】カンボジアで現在急増中!プノンペンのネットカフェに潜入してみた。

LINEで送る
Pocket

近年発展が著しいカンボジア。

今までになかった形態の店舗が増えている。

パソコンを数十台設置してインターネット環境を提供する代わりに、滞在した時間でお金が支払われる「ネットカフェ」もその一つ。

今回はプノンペンにあったネットカフェに潜入してみた。

 

ネカフェ外観1

潜入したのはこちらのお店。

日本のように「ネットカフェ」と書いてあるわけではないのだが、このようにE-sportsとあったり、googleやfacebookのロゴが看板にあったりすると高確率でネットカフェである。

いざ、店内へ。

お店に初めて入る場合はユーザー登録をする(と言っても、日本のように住所などを記録することはなく、名前を伝えるだけなので簡単だ)。

一時間で1500リエル(約50円)とかなり安い値段である。

料金を払うと店員の方に案内されて店内へ。

ネカフェ①1

写真を見るとかなり薄暗いことがわかる。

日本と違い、個室ではなく基本的に大部屋である。

イスは店舗によってかなり違う。
場所によっては、屋台にあるようなプラスチック製の簡素なイスであったりもするのだけれど、ここのイスはかなりしっかりとしたもので、長時間座っていても体が痛くなることはなかった。

自席に案内されると、店員さんから伝えられたユーザー名とパスワードを入力し、時間までパソコンを使うことができる。

時間は画面上に出るので安心。

ネカフェ②2

自席はさらに暗かった。キーボードが発光してなかったら何も見えないくらい。足元に注意。

ドリンクは購入できる(ただし、場所によってはないところもある)。
軽食はここで売ってはいなかったが、持ち込みは可能である。

客層はどんな人たち?

私が行ったところは現地の子どもたちが多かったが、場所によっては在住している人も来ることがあるそう。

金額はかなり安価なため、子どもたちも気軽に行くことができる。

どんな目的できているのか?

ほとんどみんなfacebookかオンラインゲームをしていた。

日本のような「休憩所」としてのイメージより「遊び場」としてのイメージが強い。

最近は増えてきたが、それでもまだインターネット環境がない人も多いこの国では、こういったネットカフェに来てインターネットに繋いでいる人がかなりの人数いる。

場所はどこにあるのか?

よく辺りを見渡しながら歩いていると、あちこちにあることがわかる。

なお、私が行ったこのネットカフェはst.111にあった。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介