ホーム >  ベトナム > 大衆娯楽の王様・映画館に迫る

大衆娯楽の王様・映画館に迫る

LINEで送る
Pocket

近年、日本では「日本人の映画館離れ」が加速しており、次々と映画館が姿を消しているといった記事を何かで聞いたことがあるが、ここベトナムにおける映画市場は成長時期を迎えている。

ジェトロの調べでは、2013年の映画市場の興行収入は約68億円、前年比の約30%増だというのだから驚きだ。

「9,000万人の豊富な人口」と「著しい経済成長」を考慮すると、今後も更なる映画市場の発展が期待できる。

そこで、今回はベトナムでメジャーな映画館を3つご紹介したい。

IMG_1091

こちらの映画館は韓国資本のCGVである。国内に24の劇場を展開するベトナム最大手の映画会社だ。

IMG_1092

同社は若年層のカップルを主にターゲットにしており、館内はおしゃれなデザインと雰囲気が演出されている。

また、カップル割り引きやカップルシートなどのプロモーションも積極的に行っており、ベトナム人の定番デートスポットとして親しまれている。

料金は6万VND~8万VNDとベトナムでは一般的な値段設定になっている。

IMG_1094

IMG_1096

ポップコーンとコーラのセットが8万VND(400円)と、下手をすれば映画のチケットよりも高い値段になっているが、多くのベトナム人が購入をしているようだった。

上映される映画はハリウッド映画や韓国映画が多く、まさに若者向けといった感じである。

IMG_1099

2番手は同じく韓国資本のLotte Cinemaである。

こちらもベトナムでの事業規模は大きく、全国に22の劇場を展開している。

CGVとは異なり、こちらは学生や家族連れなどが主なターゲット層である。

館内の雰囲気は他の映画館と比べると多少チープな作りになっているが、料金設定が他社よりも安く設定されており、運がよければ45,000VND(200円強)で映画を見ることができる。

IMG_1101

IMG_1103

食べ物の値段もCGVと比べて概ね2万VND(100円)ほど安い。

上映される映画は、アニメやアクションといった子供連れでも楽しめるものが大半を占めているようだ。

IMG_1081

IMG_1082

こちらは今回唯一のベトナム資本であるBHDである。

劇場数が5館と、前述の2つに大きな遅れをとっているが、その立地の良さやサービスの質の高さから大きな人気を得ている。

富裕層や外国人が主なターゲット層になっている。

価格帯は7万VND~10万VNDと他社よりも高く設定されているが、シアターの大きさやスタッフのサービス(英語対応)、そしてアクセスの良さなどから高い人気を誇る。

都心の一等地にあるため、仕事帰りのOLやビジネスマン、在越の外国人が多く利用しているようで、前述の映画館とは違った雰囲気を醸し出している。

IMG_1065

食べ物も他社のものと比較して5~6万VNDほど高い印象を受けるが、飛ぶ様に売れていた。

IMG_1089

こちらはベトナム国産映画の告知ポップ。

ベトナムの王様が活躍するアクション映画で、制作費・俳優人の豪華さから今年最も注目されている映画のようだ。

 

今回、この記事を書くにあたって映画館を多く訪問したが、どこも多くの若者で賑わっており、「これぞベトナム」といった経済成長まっただなかの新興国らしい若いパワーを感じた。

ベトナムにお越しの際は、ぜひともこれらの映画館に足を運び、ベトナムのポテンシャルを肌で感じてほしい。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介