ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ニャチャンのカフェ・お土産店「Kissa House」日本人オーナーインタビュー

【ベトナム】ニャチャンのカフェ・お土産店「Kissa House」日本人オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

ベトナムのビーチリゾート、ニャチャンは東南アジアリゾートの1つとして人気の観光地です。
ニャチャンの日本人在住者は30〜40人と言われており、主な外国人在住者はロシア人といった土地柄で、ダナンや他のベトナム国内の都市とは違った雰囲気のある街です。
そんなニャチャンで日本人とベトナム人のご夫婦が経営されている「Kissa House」は、カフェとお土産店が併設されており、在住者から観光のお客様まで人気のあるお店です。
今回は「Kissa House」の日本人オーナー、吉田聖さんにインタビューさせて頂きました。

43286454_513358172463566_546783675044331520_n

記者:ベトナム進出までの簡単な経歴を教えてください。
吉田氏:ベトナムに来たのは2011年で、それまでは日本でホテルや旅行会社、その他オーストラリア留学中にテーマパークやレストラン等、主にホスピタリティ業で勤務しておりました。

記者:ベトナム進出のきっかけは何ですか?
吉田氏:ベトナムに決めた理由はそれまで訪問したことがなかったのと、知り合いやメディアから今一番パワーのある国という情報があったので、新しい土地で新しい人々とカルチャーの中で挑戦してみたいと感じたのがきっかけでした。
あとは自分自身のキャリアアップは海外でしたい、と以前から考えていたのもきっかけの一つです。
海外で数年過ごした後に、日本に帰ってきて数年働きましたが、なんとなく刺激に欠けていると感じる日々が続いていて、やはりもう一度海外に出て生活したいと思っていました。
そんな時に、ちょうどホーチミンでキャリアップに適した仕事の機会をいただいたので迷わず即決しました。
この時に、元々自分は海外向きの人間なんだな、と改めて自分自身を見直せたと思います。
実際ホーチミンに来てみたら、やはり活気に溢れている町で、刺激だらけの日々で毎日わくわくしていました!

43337702_2145231459126948_2775612835399467008_n

記者:なぜ喫茶・お土産屋店を始めようと思ったのですか?
吉田氏:妻の夢を叶えられるのは今だと思ったからです。
妻の地元であるニャチャンでカフェを経営するということは、出会った時からの妻の夢でした。
現在まで色々と私のことをサポートしてくれていたので、一つ一つ妻の夢を叶えていきたいと考えておりました。
結婚して生活もだいぶ落ち着いたので、今がチャンスだと思い、思い切ってハノイでの仕事を退職してニャチャンへ移動することを決めました。
お土産屋は正直最初は考えていなかったのですが、今思えばカフェと併設して正解だったと思っています。

記者:どの様なお客様がいらっしゃいますか?
吉田氏:お客様はカフェサイドとお土産サイドで異なります。
カフェの方は主に現地在住のロシア人が多く、そのほか仕事目的でくる欧米人、それから若いベトナム人カップルやお友達同士、勉強スペースとして来られる学生さんたちとなります。
お土産サイドは、韓国、中国、香港、欧米等から旅行で来ている方々がメインになります。
日本人の方も時々いらっしゃいますが、日本からニャチャンへの旅行客の絶対数がまだまだ少ないので数でみると僅かです。
日本との直行便を期待しているところですが・・・。

記者:喫茶メニュー・お土産商品で人気商品を教えてください。
吉田氏:飲み物ではコールドブリューです。
当店にはベトナムに10人しかいないバリスタサティフィケートを持ったスタッフがいます。
ベトナムコーヒーの産地、ダラットにて丁寧に育てたコーヒービーンを使用しており、店内で20時間かけて本格的なコールドブリューを抽出しています。

43582767_2248952881845894_3602210584646385664_n

もう一つはココナッツコーヒーです。
少し甘みのあるベトナムコーヒーを使い、とてもまろやかで深みのある味です。
旅行客の方はもちろん、現地在住の外国人やローカルの方からも市内NO.1と評価をいただいているので、是非試していただきたいメニューです。

38831429_278711342921106_5436907466879139840_n

お土産では、ベトナムの日常をうまく表現して形にしているマグネット、ブックマークやTシャツ、それから布の切れ端を再利用した手作りのうちわ、名刺入れやペンケース等があります。
とても可愛いデザインで、特に女性の方に人気があります。
「Kissa House」のお土産は、ハンドメイド、再利用(リサイクル)、ボランティアの一環等、意味のあるお土産をベトナム全土から選びディスプレイしています。
お店にお越しの際には、どのようにお土産ができているのか、ぜひスタッフにお気軽にお尋ねください。

43264751_331978117560926_5918307557696339968_n

記者:ベトナムで苦労したこと、大変なことは何ですか?
吉田氏:「Kissa House」をオープンするにあたり、一番苦労したのはお店の場所探しです。
ニャチャンも市内中心部になると賃料が高額になります。
そして、場所を借りるにはそこのオーナーと契約することになりますが、信頼できるオーナーと巡り合うこともかなりの時間がかかりました。
特にカフェ・お土産屋となると場所が特に重要となるため、ここは時間をかけました。
お店を開けてからはスタッフの教育です。
ニャチャンはホーチミン、ハノイと比べるとまだまだ個人の経験や町自体のホスピタリティの水準が低く、自分達がイメージしているところまで持ち上げるには時間がかかりました。(今もまだまだです・・・日々努力しております。)

記者:次のビジョンは何ですか?
吉田氏:次の町でグレードアップした「Kissa House」を展開したいなと考えております。
ベトナムには素敵な街がたくさんあります。
もちろん観光客がいないところではお土産屋はできませんのでそのあたりを勉強し、これから伸びてくる町で「Kissa House」を展開してみるのも面白いかなと考えております。
ニャチャン市内では、もう少し大きいスペースでもっと多くの方々に寄っていただけるようなカフェ・お土産屋のオープンもアイデアの一つとして考えております。

41889054_305207970271443_7650033582555004928_n

記者:これからベトナム進出を検討されている方へのアドバイスはありますか?
吉田氏:ベトナムはまだまだビジネスチャンスのある国だと思います。
それ以外にも、それぞれの将来のキャリアアップの場所としても環境は良く、個人の意気込みがあれば大いに成長が望める場所だと思います。
もちろん日本と比べると環境が全く異なります。
しかし、それはどこの国でも同じだと思うので、ベトナムに来たら現地の良いところを意識的にピックアップしながら生活されるのがいいと思います。
不満なこともたくさんありますが、ベトナムならではの良い点もたくさんありますので。
その中で、私も皆様のお手伝いができればとても嬉しく思います。

ありがとうございました。
ニャチャンのビーチ沿いのTran Phu(チャンフー)通りからも、歩いて7分程にある「Kissa House」。
本格的なコーヒーと可愛いお土産を見つけに、是非お越し下さいね。

43266585_1088360241326282_8526424571291631616_n
■Kissa House

住所:45 Tô Hiến Thành, Tân Lập, Thành phố Nha Trang
電話番号:+84 163 735 6076
営業時間:7:00-22:00

https://kissahousenhatrang.wixsite.com/cafeandsouvenir/home
https://www.facebook.com/kissahousenhatrang

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介