ホーム >  ベトナム > 古きよき昭和の香り?ホーチミンのゲームセンター

古きよき昭和の香り?ホーチミンのゲームセンター

LINEで送る
Pocket

ベトナムは経済発展が著しい国として日本では知られているが、その反面、まだまだ娯楽が少ない。
グループでどこかに遊びに行くとなると、遊ぶ場所は限られてくる。その中でも特にベトナム人に人気があるのがゲームセンターである。
ここホーチミン市では、たいていの大きな商業施設にゲームセンターが併設されており、常に多くの若者でにぎわっている。

IMG_1125

こちらはホーチミン市の中心に位置するヴィンコムセンター(Vincom Center)内のゲームセンター。
市内でも3本の指に入る有名商業施設なだけあり、子供連れのベトナム人が多く見受けられた。

IMG_1128

6頭身の不気味なウサギが入り口で出迎えてくれる。

観光客の欧米人がこのウサギを「ウルトラマンだ」と言って笑っていた。
確かにカラーリングといい、質感といい、下半身がウルトラマンに見えなくもない。

IMG_1129

IMG_1132

中は想像以上に広い。稼動しているゲームを眺めながら歩いているだけで10分もかかってしまった。
土地の価格が高騰するホーチミン市内で、これだけの広さを確保するにはかなりの費用がかかるはずだ。

IMG_1137

IMG_1138

こちらは幼児向けの乗り物である。デザインといい、顔といい、どこか日本のアニメを髣髴とさせる。

IMG_1136

日本でもおなじみの太鼓の達人だ。
やはりシンプルなこともあり、多くのベトナム人が遊んでいた。選択する曲は「ドラえもん」などの有名な曲ばかりだった。アニメソングは偉大なようだ。

IMG_1140

IMG_1139

日本にもよくある景品のお菓子をとるゲーム。
日本ではアメやガムが主流だが、ここベトナムではカントリーマアムのような焼き菓子が多いようである。

IMG_1133

IMG_1147

 

IMG_1146

こちらも定番の景品ゲームである。
日本のものと比べて景品の種類が少ないためか、少し寂しい。人形が首に紐をかけられ、宙吊りにされているのがなんとも痛々しい。

IMG_1131

なぜか分からないが、シューティングゲームの数がとにかく多かった。上記のような中国産のものから、日本では過去に流行した筐体も多く導入されている。きっと、日本から中古品を安く仕入れて稼動させているのだろう。

IMG_1174

昔懐かしいハウスオブデッド3。
残念なことに、音声は英語だが、字幕が日本語のため、ベトナム人がストーリーを理解するのは難しい。

IMG_1173

そしてこちらはなんと「ランボー」のアーケードゲームだ。

ベトナムではベトナム戦争に関係する映画はすべて放映が禁止されているため、まさかこの国でこちらのゲームを拝見できるとは夢にも思わなかった。
ちなみに、私の記憶ではベトナム兵が敵として登場するステージがあったと思うのだが、ベトナム人はこのゲームをどのような気持ちでプレイしているのだろうか。。。

IMG_1188

お次はカラオケボックスを発見!

家電量販店で普通にカラオケ機材が売っているほどカラオケが大好きなベトナム人である、この様なカラオケボックスがあっても何ら不思議ではない。
近づいてみると、壁に防音機能が無いせいか中の音がダダ漏れである。

IMG_1190

IMG_1191

ボックス内は想像以上に狭いうえにクーラーも無い。この部屋で歌を歌うのはかなりの体力が必要になるはずだ。

IMG_1167

ゲーム以外にもデパートの屋上遊園地にあるような乗り物も多く導入されていた。

IMG_1169

なんとその中にドラえもんを発見!

四足歩行のドラえもんはどこか奇妙な雰囲気を醸し出している。他の動物の乗り物にくらべてひと際ボロボロな彼の姿。。。
いかにベトナムの子供達から愛されているかが伺え、日本人として少し誇らしさを感じたのであった。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介