ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】カウントダウンイベントにメイド・イン・ジャパンの”STAR ISLAND”が上陸!! <その②>

【シンガポール】カウントダウンイベントにメイド・イン・ジャパンの”STAR ISLAND”が上陸!! <その②>

LINEで送る
Pocket

前回に引き続き、シンガポール2018年の締めくくり、カウントダウンイベントの”STAR ISLAND SINGAPORE 2018-2019 COUTDOWN EDITION”のレポートです。

前回記事はこちら↓

【シンガポール】カウントダウンイベントにメイド・イン・ジャパンの”STAR ISLAND”が上陸!! <その①>

開演前

さて、会場に入ると、ベイエリアにカウントダウンを心待ちにした人たちの熱気で、体感気温も5℃上昇。
(いや、本当にそんなに上がったら暑くてしょうがないのだが)

スクリーンショット 2019-01-07 14.47.28

スクリーンショット 2019-01-07 14.53.05

入り口付近には撮影スポットと言わんばかりの”STAR ISLAND”のモニュメントや

スクリーンショット 2019-01-07 14.52.43

ベイエリアのビル群をバックにした最高のロケーションでプレイするDJブース。

スクリーンショット 2019-01-07 14.52.07とはいえ、本命はカウントダウン。
SHOW TIMEを心待ちに、ひとしきり写真撮影を終えると、22:30頃には大半が席につく。スクリーンショット 2019-01-07 15.55.32

ショーのスタート!

時刻は22:40、いよいよショーのスタート!

スクリーンショット 2019-01-07 15.57.18もちろん最大の見せ所はマリーナベイ一面に広がる花火。

35列目でもすぐそこに感じる迫力、ステージ正面と湾上に矢継ぎ早に広がる花火は圧巻。

スクリーンショット 2019-01-07 16.02.46

スクリーンショット 2019-01-07 16.14.40

スクリーンショット 2019-01-07 16.07.16

映像と光の演出

残念ながら、3Dサラウンドの迫力と音響とのマッチングは記事上では伝えられないので、その他お見せできるところを。

ステージ上、両サイドの三角のモニュメントが百面相の映像演出を見せ、ショーの展開をぐっと幅広げていきます。

スクリーンショット 2019-01-07 16.03.12
中央の球体とサイドの三角のモニュメントが花火と連動した彩りを見せたりスクリーンショット 2019-01-07 16.08.19パフォーマーの動きに連動したり、パフォーマーをライブで映し出すことも

スクリーンショット 2019-01-07 16.07.29

スクリーンショット 2019-01-07 17.41.36

スクリーンショット 2019-01-07 16.00.34ミラーボール風の演出も

 

パフォーマーの素晴らしさ

35列目からの撮影では、なかなかお伝えできないのが本当に残念だが、ショーの最初から最後までパフォーマーが飛び回り、ショーのストーリーを紡ぎ出していた。

客席へパフォーマーが飛び出すシーンも。

スクリーンショット 2019-01-07 16.07.16

 

FMXパフォーマーの演出で会場は驚愕の歓声に包まれた。スクリーンショット 2019-01-07 17.45.10宙を舞うFMXパフォーマー(モニュメントには星条旗柄をバックにパフォーマーの姿が映し出されている)

フィナーレ近くには、日本人には紅白歌合戦を思わせる、せり上がり演出も。

スクリーンショット 2019-01-07 16.11.00画像中段左に見える三角錐の上に、パフォーマーがせり挙げられている。
足元でもパフォーマーがドレスを支える演出を。

いよいよカウントダウン

さて、様々な演出が飛び交い最高潮に盛り上がった会場は、いよいよカウントダウン!!
スクリーンショット 2019-01-07 16.12.01カウントダウンが表示され、会場全員が声に出してカウント
会場全員でカウントしたあとは、想像以上のNew Year 花火!!

スクリーンショット 2019-01-07 16.12.45
会場は新年早々「叫び初め」と言えるほどの大歓声

スクリーンショット 2019-01-07 16.13.43

スクリーンショット 2019-01-07 16.19.46フィナーレは荘厳にベートーベン「第9」に乗せ、シンプルな花火で

フィナーレ後は、3万人のブレスレットの光が壮観。
帰り道には、点々と灯るブレスレットがシンガポールの夜を彩っていたのでした。
スクリーンショット 2019-01-07 16.17.20ただし、深夜のMarina Bayエリアは大混雑、MRT(地下鉄)までたどり着くのに一苦労、という有様でした…

振り返り

メイド・イン・ジャパンのイベント”STAR ISLAND”。
世界に名を馳せるシンガポールはMarina Bay Countdownに登場するも恥ずかしくないクオリティで、シンガポリアンをはじめ、カウントダウンをシンガポールで味わうセレブな観光客の心にも残るイベントだったのではないでしょうか。

※とはいえ、「日本」を売りにしているわけではなかったので、メイドインジャパンと思われているかどうかは不明(そこがまたよかったのではというのは、筆者の個人的な感想)

来年はどんなカウントダウンイベントが開催されるのでしょう。
ぜひまたお届けできればと思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。