ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】急成長の小売ベンチャー「Warung Pintar」がフェアトレード流通事業を買収

【インドネシア】急成長の小売ベンチャー「Warung Pintar」がフェアトレード流通事業を買収

LINEで送る
Pocket

asean190321limakilo1
「Limakilo」のサイトでは、野菜を販売している農家の情報多数表示される

先日、筆者はインドネシアの小売スタートアップ『Warung Pintar(ワルンピンタル)』についての記事を執筆した。

【インドネシア】Wi-Fi完備の最先端小売店舗「Warung pintar」が急成長

インドネシアには「Warung(ワルン)」という形態の小売店舗がある。
キヨスクと昔の乾物屋を足して2で割った店と、表現するべきか。
それをユニット化し、さらに無料Wi-Fiや充電スタンドも設置したのがWarung Pintarである。

そのWarung Pintarが、今年2月に極めて大きなアクションを起こした。
農産物流通ネットワーク『Limakilo』を買収したのだ。

バイクタクシーと「Warung」

asean181127warung3まずはWarung Pintarについて、今一度解説しよう。

Warung Pintarは日本のキヨスクよりも小さい屋台のようなスペースに、飲み物から日用品、軽食までがそろい、無料Wi-Fiや充電スタンドも設置された非常に便利なお店だ。
しかも店舗によっては、食事まで提供されている。
今やこの小さなスペースが、ある職業の人達にとってなくてはならないものになっているのだ。

近年、インドネシアではバイクタクシーの配車サービスが急成長。
『Go-Jek』や『Grab』などが全国各都市部に進出し、今や市民の足として頻繁に利用されている。

問題は、バイクタクシーのライダーがどこで待機するかという点だ。
スマートフォンのアプリで呼び出しがかかる仕組みだから、彼らは都市のどこかで待たなければならない。
そんな彼らが待機場所として利用しているのが、Warung Pintar。
無料Wi-Fiでいつでも連絡が取れるし、充電切れで連絡が取れなくなる心配もない。
食事にも困らないので、待機中に必要なものが何でもそろう。
つまり、「バイクタクシーの待機所」という性格を帯びているのだ。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。