ホーム >  マレーシア > 外食文化マレーシアの食事と値段【屋台、ローカル食堂編】

外食文化マレーシアの食事と値段【屋台、ローカル食堂編】

LINEで送る
Pocket

マレーシアは外食文化が定着している。
2011年度の日本貿易振興機構(JETRO)の「マレーシアにおける外食産業基礎調査」によると、1ヶ月の消費支出の20%を占めている。
これは共働きの家庭が多いことも理由の一つ(※1)であると言われている。

フルサービスのレストランや外資系ファストフードチェーン店なども増えてきているが、ローカルが多く住むエリアには昔ながらのオープンエアの屋台街(ホーカー)が必ずある。

住宅街のそばにある庶民的なローカル食堂エリア

クアラルンプール市内北部。
こちらは中華系マレー人が多く住む典型的なローカルエリアにある食堂と屋台。
営業時間は夕方から夜11時ぐらいまでの店舗が多い。

マレーシアの食文化は多彩だ。
人口構成の柱となるマレー系、中華系、インド系の伝統料理から、隣国のタイ、インドネシア、シンガポール、他に中東、日本、韓国など多岐に及ぶ。
さらにそれらが組み合わさったフュージョン(多国籍、無国籍)フードも見られる。

経済飯と表記される食堂や屋台の特徴は「早い、安い、うまい」。
中でも「安い」の項目は際立っている。

日本でもおなじみの外資系コーヒーチェーンやカフェなどのブラックコーヒー1杯はRM10〜18(約260〜470円)。
しかしローカルエリアの食事はRM5〜10(約125円)でじゅうぶんな量が食べられる。
一食がコーヒー代の半分だ。

クアラルンプールのローカルレストランと屋台飯の種類と値段

屋台お粥porridge

お粥(Porridge/Congee)

豚や鶏肉のスライスがトッピングされている。
好みで青葱、香草などのトッピングも。
1杯RM5.5〜6.5(約142〜168円)

屋台ロジャ

■ロジャ(Rojak)

軽い食事にもスナックにもなる。
果物または豆腐、厚揚げなどに具たっぷりの甘いタレをかけたもの。
ここでは2種類販売していた。
こちらも一皿RM5〜6(約130円〜155円)

■タイ風飯

チャーハンや日本でいう野菜炒め&白飯など。
具材が鶏かシーフードかで値段が違う。
一皿RM6〜7.5(約155〜194円)

麺類

こちらはヌードル屋台。日本のラーメン人気は高く、ローカルの間でも定番メニューになっている。
1杯RM6~10(約155〜256円)。

サテsatay

サテ(Satay)

「マレーシア風串焼き」と言われることもある。
鶏肉、豚肉、羊などの串焼き料理。
東南アジア一帯で多く見かける軽食。
甘いピーナッツのたれなどにつけて食べる。
夕方になると屋台の前で焼いているのをよく見かける。

肉骨茶バクテー

バクテー(肉骨茶)

クラン(クアラルンプール首都圏の港町)発祥と言われる郷土料理。
豚肉、野菜、漢方などを取っ手がついた土鍋で煮込んだもの。
日本ではあまり見られないが、中華系マレー人のソウルフードともいえる。


他民族国家のため、このような屋台飯にも住み分けがある。
それは宗教習慣によって食せる素材が違うからだ。

それでも他民族同士で誘いあって関係を築くマレーシアでは一緒に食事をすることが重要なコミュニケーションとなっている。

 

 

※1 中間層を核に拡大するASEAN消費市場
(みずほリポート2010年6月9日発行)

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/report/report10-0609.pdf

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介