ホーム >  カンボジア > 空前のカフェブーム!老いも若きもコーヒーが好き!(カンボジア人経営・オシャレカフェ編)

空前のカフェブーム!老いも若きもコーヒーが好き!(カンボジア人経営・オシャレカフェ編)

LINEで送る
Pocket

IMG_1444 (1)

街を歩けばあちらこちらにカフェがあり、老いも若きも街角のカフェでコーヒー片手におしゃべりする。
コーヒーが生活に根付き、今やカンボジアの風景の一つとなったプノンペン。
カンボジア人が愛してやまないコーヒー文化について、今回はカンボジア人経営のオシャレカフェ編をお伝えします。

カンボジア人経営の代表格、BROWN COFFEE BAKERY

2009年、当時20代だった5人の若者が170,000ドルの共同出資を元手に設立し、今やプノンペンとシェムリアップに合計14店舗展開する、カンボジア人経営の代表格とも言えるBROWN COFFEE BAKERY。
在住外国人はもちろんのこと、地元のカンボジア人にも愛されるBROWN。
近年、外資系カフェがこぞってオープンする中でも、不動の人気を誇っています。
さすがは経済成長率6.89%のカンボジア、コーヒーが1杯3ドルしようとも、店内はカンボジア人でいっぱいです。

IMG_1455
緑の木陰をくぐって入口へ。

木のぬくもりで居心地良く過ごせるインテリア

各店舗によってインテリアのコンセプトは異なりますが、どの店も木のぬくもりを感じさせる、落ち着いたインテリアで統一。
今回訪れたのは"Brown Roasteryボンケンコン店"。
プノンペンの高級エリア、外資系カフェが立ち並ぶ場所でもあります。
店内は広々とした2階建て。
天井が高く、抜け感が気持ち良い空間です。
平日水曜日の昼下がり、13時半頃ですが店内はほぼ満席でした。

IMG_1445
店内に入ると、広いホールにバリスタカウンターが円を描く

IMG_1449
壁の絵もクール!

IMG_1448
2階から見下ろす店内

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。