ホーム >  カンボジア > カンボジアに丸亀製麺がやって来た!

カンボジアに丸亀製麺がやって来た!

LINEで送る
Pocket

IMG_1507

世界の丸亀、ついに(1年半前に)カンボジア進出

日本の「美味しいうどん」を世界中で展開している丸亀製麺。
現在、世界11の国と地域で193店舗とのことですが、満を持してカンボジア・プノンペンにも進出です。
遅ればせながら、レポートいたします。

立地は最高、オシャレエリアの出店

プノンペンで一番のオシャレエリア、新店舗が軒を連ねるボンケンコンに、新築の路面店でオープン。
St.302とSt.63の交わる角地に、堂々たる姿で佇みます。
同じSt.63にはフランスのパン屋さんエリックカイザー(日本ではメゾンカイザーの店名で進出)、1本隣のSt.57にはスターバックスなどの有名店が立ち並ぶ、最高の立地条件とも言える場所。
カンボジア人も外国人も注目している高級エリアです。
平日のお昼時、11時半にはすでに駐車場はいっぱいです。
IMG_1496

日本スタイルが生み出す効率の良さ

店内に入ってまず驚くのが、日本の丸亀製麺と何もかも同じだということ。
内装はもちろん、セルフスタイルの注文方法もしっかり日本式です。

入口と出口が分かれ、入ってすぐにメニューを選びオーダー、できあがったうどんを受け取りカウンターを進む。
サイドメニューを選びお皿に盛り合わせ、カウンターの最後でお会計を済ませる。
カウンター向かいのミニカウンターで、ネギ・天かすなどのトッピングを済ませ、好きな席に座る。
お馴染みの、あれです。

徹底した日本スタイルを貫くことにより、日本レベルの効率の良さが生まれています。
人の流れがあるからなのか、日本人以外の客もさほど戸惑うことなく、一連の流れに身を任せているように見えるのが興味深い。
特にカンボジア人は列に並んで何かを待つ習慣がなく、隙間を見つけてどんどん間に割り込むのが普通ですが、約120席ある客席がほぼ埋まるくらい混雑し始めても、行列が乱れることなく進んでいく様子はもはや感動ものです。

もちろんお味も、全くの日本の味!
つゆの味といい、うどんのコシといい、日本クオリティーで提供されており、満足度はかなり高めです。

IMG_1497

IMG_1500

IMG_1499

世界から愛される日本の味、UDON

客層を観察すると、日本人だけでなく、カンボジア人、欧米人、ヒジャブを被ったムスリムの方々まで、世界各国の人たちに愛されている様子がうかがえます。
国籍文化問わず人気の理由は一体?

まず現地のカンボジア人に愛されている理由として、麺料理の豊富な国に暮らすカンボジア人にとって、うどんは馴染みやすく好みの味であることは、まず間違いありません。
加えて、焼うどんや照り焼きチキン丼など、現地に好まれる味をしっかりリサーチしオリジナルメニューに反映させる、現地で愛されるための企業努力が感じられます。

さらにもう一つ、現地の人にも通える価格設定。
海外にある日本食料理は、ただのうどん一杯であってもかなりのお値段がしてしまい、現地の人には手が届かない料理になりがちですが、丸亀製麺は違います。
かけうどんなら一杯$1.9。
大金持ちでなくても、カンボジア人が家族で食べに来られる価格に設定されています。

欧米圏やアジア圏でも、近年の日本食ブームでうどんの美味しさとヘルシーさを発見した、という方も多いでしょう。
実際、ラーメンよりうどんのほうが健康的で好き、という方も多いです。
そして外国人が大好きな日本食の定番、「天ぷら」が$1前後でトッピングできること。
海外の日本食店の感覚では、これは破格のお値段!
また、ムスリムの方、ベジタリアンの方にとって、丸亀製麺のうどんは安心して楽しめる食事でもあります。

そんな訳で、プノンペンの丸亀製麺は今日も満席です。

IMG_1501

IMG_1502

丸亀製麺 ボンケンコン店
address:#189,St.63, Sangkat Beong Keng Kong 1,Khan Chamkarmon, Phnom Penh, Cambodia
opening hours:11:00 – 22:00
https://www.marugame-seimen.com/foreign_shop/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介