ホーム >  カンボジア > カンボジア 飲食業での成功の秘訣~Part1

カンボジア 飲食業での成功の秘訣~Part1

LINEで送る
Pocket

皆様、こんにちは。
カンボジアで会計税務業務を行っている熊谷が、今回はカンボジアでの飲食業の可能性についてお伝えできればと思っております。
たくさんの日本の個人または会社所属の方が、カンボジアで飲食業を営んでおられます。
2015年夏から2年間居住し、現地で市場を見てきました。
飲食業に関しましては、たくさんの進出はあるのですが、中にはすぐに撤退してしまうという状況も散見されています。

カンボジアの特徴として挙げられるのは、①日本人の少なさ、②多国籍、③カンボジア人の所得水準の低さ、などが挙げられると思います。
今回から2回にわたって、この特徴からカンボジアで飲食業を成功させる秘訣を考えていきたいと思っています!

IMG_2238

まず、カンボジアに居住する日本人は多いのでしょうか。
大使館登録ベースで考えてみると、カンボジアには2,500人程度の日本人が居住していると記録されております。
タイが65,000人程度、ベトナムが15,000人程度となっていますので、これは周辺諸国と比べても日本人はかなり少ない状況だということがわかりますね。
ですから、想定するお客様を「日本人」と定義してしまうとどうしても規模感の小さな経営になることは否めません。

IMG_2233

経営の方針の問題になりますが、日本人だけではなく、外国人向けにも経営を展開するという方針をとるならば、想定する潜在的なお客様を増やすことになり、利益獲得の可能性は高まります!

これはあくまで経営方針の問題で、一概に、「日本人限定」とする経営方針も間違っているとは言えないのですが、まずは、お客様を増やす戦略をとることは大事なことですね。

ではどうしたら、「日本人限定」から「多国籍のお客様向け」となれるのでしょうか。

業種によっていろいろと違いはあるかと思いますが、共通して言えるのはやはり「言語」だと思います。
オーナーが日本語だけではなく、英語も流暢に話せるようになること、これはとても大事なことであり、日本人にとっては、日本特有の環境ゆえ、この壁は高いものと感じやすいといえます。
ですから、その言語の問題を克服し、多国籍の人々を歓迎できるような態勢を整えることが重要といえます。

また、店の作りも大事だと思います。
日本語だけでメニューなどが作成されていたら、外国の方はどう感じるでしょうか。
自分たちは、歓迎されていない、対象ではないんだという感覚を持ってしまうことでしょう。
潜在的なこの思いというものは非常に強いもので、こう感じてしまうと、誰か他の外国人に口コミで勧めるという可能性も極端に減ってしまうことになります。
ですから、店の作りに関しても、どのお客様を対象としているかというメッセージを一つ一つ丁寧に吹き込み、作りあげていくことが大事であるといえます。

その他、広告の方法、従業員、扱うメニュー、すべてにおいて、多国籍向けを意識して設定していく必要があります。
そのようにすることによって、多国籍のお客様すべてにメッセージとして歓迎の気持ちを伝えることができます。

IMG_2235

言語・文化の問題は、とても強いもので、なかなかその垣根を超えることは実際には難しいです。
だからこそ大胆な発想が大切になってくるといえます。

次回は、「カンボジア人の所得水準の低さ」という観点から、カンボジアでの飲食業の秘訣に関してご説明させていただきますので、お楽しみに!

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介