ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】国家資格取得!本場のベトナム語試験!

【ベトナム】国家資格取得!本場のベトナム語試験!

LINEで送る
Pocket

ベトナムブームに乗って…

昨今のベトナムブームにより、ベトナムに旅行に来る日本人が増加傾向にあります。
このためか、ベトナム語を勉強する日本人も増えてきました。
あわせて、ベトナム語の検定試験に興味を持つ人も出てきました。
しかし、日本国内ではメジャーなベトナム語の検定試験はなく、個人あるいは無名の団体がやっているものがインターネット上で見受けられるのみでした。
そんな中、日本でも2016年から「実用ベトナム語技能検定試験」なるものがスタートし、多少話題をさらいましたが、まだ聴解と読解の2分野しかないため、今後に期待したいところではあります。

では、本場ベトナムではどのような試験があるのか?
受験地はホーチミンだけになりますが、「ベトナム語能力評価試験」があります。
これはベトナム国家大学ホーチミン人文社会科学大学(大学という言葉が2回連続しますがこれが正式名称です。以下本稿では人文大学と略します。)が認定するもの、つまり国家試験ということになります。
認定されれば国家資格です。
日本人がベトナムの国家資格を取得できるって、すごくないですか?
なお、受験資格の制限はなく、ベトナムに住んでいる人はもちろん、旅行などで短期の滞在であっても受験可能です。
ただし、申し込みや認定証受け取りなどで前後8日を見たほうがいいので、試験日を含め最短でも17日間の滞在が必要ということになります。

申し込み手順

試験開催は、2カ月に1回ぐらいの頻度です。
日程は毎年変わるので、詳細は大学公式サイトをご覧ください。

http://www.vns.edu.vn/index.php/vi/khoa-hoa-tieng-viet/ky-thi-nang-luc-tieng-viet/lich-thi-va-thu-tuc

なお、この試験はいわゆる何級というものはなく、全員が同じ問題を受け、10点満点のスコアで評価されます。
IELTSのベトナム語版のようなものです。

◆持ち物

・申請用紙(大学公式サイト http://www.vns.edu.vn/images/stories/LichThi-ThuTuc/don%20du%20thi%20cctv.pdf からダウンロードして記入)
20171026_01

・受験料1,000,000VND(約5,000円)
・縦4cm×横3cm証明写真5枚
・パスポート

◆申請場所
人文大学ベトナム語学科
10 – 12 Dinh Tien Hoang Street, District 1, Ho Chi Minh CityIMG_20170912_103945

◆申請日時
月曜日~金曜日
7:30~11:40および13:00~19:30

引き換えに受験票を受け取ったら、試験の開始時刻を確認します。
初回受験者の場合、7:45には入室するように言われるはずです。

IMG_20171026_140441

なお、試験は土曜日に行われることが多いため、試験当日は事務所が閉まっています。
このため最初の科目の会場となる教室がどこかわからず、誰にも聞けず慌ててしまう可能性があるため、受験票を受け取ったらその場で教室の場所を聞いておいた方が無難です。
当日受験者っぽい人に聞いてみるというのも手ですが、受験者の実に90%が韓国人であり、日本人の受験者は数名しかいないのでご注意ください。

受験当日

持ち物

・受験票
・筆記用具
・パスポート

読解、聴解、作文、面接の4科目を順に受けます。
ただし、その時の状況で作文と面接を先に行う場合もあります。

IMG_20170923_111118

読解・聴解(各60分)

1人1台のコンピュータを用いて、2科目をセットで行います。
PCは最初から起動され、試験の画面が出ており、受験者は4択問題の回答をマウスでクリックするだけなので、PCの専門的な知識は必要とされません。
出題形式はTOEICの長文箇所のみをベトナム語にしたようなものです。

作文(60分)

手書きなので、持参したペンを使用します。
結構狭めの部屋に大勢が押し込まれるため、隣の受験者との距離が異様に近く、落ち着かないので覚悟しておいてください。

出題傾向は毎回同じで大問が2問あり、1つは200語以上の手紙、もう一つは300語以上の経済やビジネスに対する小論文です。
この「語」というのが曲者で、「文字」ではないので気を付けてください。
例えば、「xin chào」は7文字ではなく2語とカウントします。
なので合計500語の文章であれば約1,700文字必要となります。

その他、綴りの酷似した語群の中から適切なものを選ぶ問題もあるのですが、高難易度の割に配点が10%ぐらいと低いため本稿では割愛します。

IMG_20170923_111123

面接(試験自体は10分程度だが待ち時間を含め約60分)

部屋に一人ずつ入室し、面接官2名の質問に答えていきます。
「ベトナムのどこに旅行に行ったか?」
「ベトナムに誰と住んでいるか?」
「ベトナム料理で好きなものは何か?」という基本的な質問を受け、うまく答えられなければ面接終了、
うまく答えられれば、「あなたの出身国(この場合は日本)の文化について一つ説明してください」などの抽象的な質問を受けます。

受験者10名前後が同じ部屋になるので、順番が最後の受験者は1時間以上待つことになります。
たまたま待っているときに日本人の受験者がいたので話したところ、読解や作文等の問題は難しかったようでした。

結果発表

試験から1週間~2週間後、インターネット上で点数が発表されます。
その後、人文大学に受験票をもっていき、認定証を受け取ります。

IMG_20171026_141235

試験の流れは以上です。

試験の人気も日に日に高まってきており、受験者の増加により今後は予約が取りにくくなってくると思われます。
今が受験のチャンスですよ!

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介