ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】ローカルから支持を集める⽇本の⾼級寿司店「Sushi Azabu」

【マレーシア】ローカルから支持を集める⽇本の⾼級寿司店「Sushi Azabu」

  • 友だち追加

「AZABU COURSE」は季節の先付け、茶碗蒸し、お造り2種、⼝直し、握り7種、巻物、みそ汁、⽢味と、満⾜できる内容です。

ドリンクは、日本のお酒なども用意してありました。

味はというと本当に感動するおいしさです。
茶碗蒸しは出汁が効いており、寿司は1つ1つネタが分厚く⾷べ応えがあります。
丁寧にネタの説明などもしてくれます。

6BA6E7D0-E7BE-48F1-A41D-0E03EBB85B18
茶碗蒸し

茶碗蒸しは柚子がアクセントに使用されており、プルプルとしたソフトな舌触りで食べるととろけていきます。

527D4020-CB35-429F-92F6-0C724D0346C0
エビの握り

プリプリのエビは鮮度抜群で、1貫では物足りないくらいでした。

2D9CCF7D-2B45-491E-A440-8A5523946C79
いくらの軍艦巻き

マレーシアでも寿司店なら、いくらは一般的なネタです。
日本よりも小ぶりな印象ですが、めったに食べられないので満足です。

板前は2名とも日本人の方で、英語を話せるためローカルのお客様がいろいろと質問していらっしゃいました。

ホールスタッフはローカルの方で、お茶がなくなるとすぐに注いでくれるなど、⽇本のおもてなしの精神が⾏き届いていると感じました。

お値段は⾼めですが、それに⾒合った内容なのでリピート客は多いのではないかと思います。

私⾃⾝、何かのご褒美でまた来ようと思いました。

今回、Sushi Azabuが満席に近かったことから、ローカルの富裕層にはすでに⾼級寿司店で少しぜいたくというのが浸透してきているように思われました。
マレーシアでは、お祝い事があると家族みんなで集まって盛⼤にホテルのレストランや⾼級店で祝宴をするという⼈が多いので、このような少しぜいたくできる店が好まれるのだと考えられます。

 

■Sushi Azabu
住所︓ISETAN The Japan Store, LOT 10, No. 50, Jalan Sultan Ismail, 50250 Kuala Lumpur
営業時間︓12:00〜15:00(L.O.14:30)、18:00~23:00(L.O.22:00)
定休⽇︓⽉曜
Facebook︓https://facebook.com/sushiazabukl/

※1マレーシアリンギット=約26.1円で計算

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。