ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】新型コロナウイルス感染症環境下でのシンガポール生活の現状

【シンガポール】新型コロナウイルス感染症環境下でのシンガポール生活の現状

  • 友だち追加

 

今だけ種類豊富なデリバリーで食を楽しむ

外食を禁止されたこの国の人々が頼るのが、デリバリーです。
普段から、日本よりもデリバリーやテイクアウト文化が浸透しているので、このあたりはすんなりと受け入れられているかもしれません。

フードコート禁止
フードコートも入場制限あり(もちろん持ち帰りのみ)
ホーカー開店禁止
いつもはたくさんのローカルで賑わうホーカーもガラガラ。料理を待つ間も一定の距離を空けて座る

お年寄りにとってホーカーは社交場なので、普段は大勢の人が集っていましたが、今はまばらです。
人と会話することが、なかなか厳しく感じます。

生活で変化したのは毎日自炊していた私が、「こんなときこそ、デリバリーを楽しもう!」と思ったことです。
というのも、頼みたくても距離があり配達不可だった店が配達範囲を広げたり、店内での飲食のみだった高級店などもデリバリーやテイクアウトに対応し始めたからです。

外食禁止の現在、お店側にとっては苦しい現状の打開策なのでしょうが、外出できない私たち消費者にとってはおいしい料理を家で食べられる機会が増え、相互がうまく合致しています。
経済も回るのでいいことだと感じます。

マンダリンホテルデリバリー (1)
シンガポールを代表するホテル「マンダリン・オーチャード・シンガポール」の高級四川飯店のデリバリー

普段は高級過ぎて二の足を踏んでしまう2つ星の四川飯店の料理を、気軽に自宅で楽しめるのはうれしい限りです。

Three Bunsバーガー
シンガポールのハンバーガーなのに、みそベースのソースで絶品!

私の中ではシンガポールで最もおいしい「Three Buns」のハンバーガーです。
距離があってデリバリーの対象外だったのですが、今は配達してくれます。
やや値段は張りますが、日本にないのが惜しいくらいのお肉のボリュームとおいしさです。

私がデリバリーしたほんの一例ですが、やはりどんなときも人間はおいしい食事があれば頑張れますよね。

今は、全ての企業が在宅勤務を要請されていますので、我が家の主人も自宅で仕事をしています。
最近は、常に家族が自宅にいるため、コロナに家族の大切さを教わっているような気もしています。
適度な運動と、おいしいものを食べて自宅での時間を楽しむことで、外出禁止の不自由な生活を乗り切っていきましょう。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。