ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】あの有名バーガーチェーンも植物性バーガーを販売!インドネシアでヴィーガンフードは浸透するか?

【インドネシア】あの有名バーガーチェーンも植物性バーガーを販売!インドネシアでヴィーガンフードは浸透するか?

  • 友だち追加

日本の皆様はインドネシアの食生活といえば、どのようなイメージを持つでしょうか?

ナシゴレン?

揚げ物?

大量の化学調味料?

1度でもインドネシアの地を踏んだことのある方であれば、あまり健康的な食生活のイメージを持つ方はいないかもしれません。

現地で生活していていると感じますが、一般的なインドネシア人の食習慣は健康的なものとは言えません。
油や化学調味料の使用量が多いのです。

そして「野菜が少ない」というイメージを持つ人も多いでしょう。

ところが、最近ジャカルタでは面白い動きが出てきています。

それは「ヴィーガン・ベジタリアン向けフード」の登場です(※1)。

(※1)厳密に書くとベジタリアンとヴィーガンの定義は異なりますが、本記事ではあまり定義にはこだわらずに筆を進めます。ご了承ください。


 

バーガーキングが植物素材ベースのハンバーガーを販売

2021年の5月よりインドネシアのソーシャルメディアでは、このような写真を見かけることが増えました。

一見したところ、同じハンバーガーが2つ並んでいるだけに見えます。

しかしこちらのハンバーガー、パッケージはこのようになっています。

左は植物ベースのハンバーガー。
そして右は普通の牛肉ベースのハンバーガーです。

仕掛け人は世界的なハンバーガーショップのバーガーキングです。

2021年5月にバーガーキングはインドネシアで「植物由来のワッパー(ワッパー=バーガーキングの主力ハンバーガー商品名)」を発売しました。

ただ販売するだけではなく、「ミニサイズの比較セット」も提供。

だいたい日本円で400円程度のセット価格となっており、これはワッパーの普通サイズとそこまで値段が変わりません。

このような仕掛けもあり、新しいもの好きのインドネシア人が「我先に」と挑戦し、ソーシャルメディアに感想をアップするようになりました。

実際に筆者も食べてみましたが、かなり肉に近い食感まで近づいている、という感想を得ました(比較することで逆に肉との味の違いが目立つきらいはあります)。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。