ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ベトナムに進出している日系企業の陥りがちな過ちをべトナム人経営者に聞いた

【ベトナム】ベトナムに進出している日系企業の陥りがちな過ちをべトナム人経営者に聞いた

LINEで送る
Pocket

株式会社カオピーズは、ベトナムハノイに拠点を置くエンジニア集団。
95%の仕事は日本からのもので占められており、社長・取締役はじめ多くの経営メンバーがハノイ工科大学出身。
また彼らは日本への留学や就職経験も豊富だ。

DSC_0400

カオピーズのホワンさん&フオンさん

日本からベトナムへの進出が拡大しているが、同時にベトナム人経営者によるベトナム法人と日本企業とのダイレクトな取引もまた増加している現状がある。

今回はそんな株式会社カオピーズを率いる経営者二人(ホアンさん&フオンさん)に日系企業が陥りがちな過ちを聞いてみた。

Kaopiz2

社内の風景、多くのエンジニアが在籍している

問:日本から多くの企業がベトナム進出をしていますが、その中で成功する会社、失敗する会社があります。
それぞれの違いはなんでしょうか?

答:一言でいうとベトナムの文化を理解し、スタッフを信頼することが出来ているかどうかだと思います。
残念ながらいくつかの日系企業は、スタッフの個性をあまり見ず、日本人の感覚や考え方で判断している場合が多いように感じます。
「ベトナム人だからずっとチェックしなければならない」と思い込んでいる印象です。
スタッフを理解しようとせず、信頼して任せる体制を作らない。
そういった会社は事業拡大が出来ずに撤退していきます。
また、ベトナムのスタッフは2~3年で転職する前提でキャリアパスを組み立てています。
若い時は比較的給与にこだわらず、勉強し成長できる環境に身を置き将来に備えるのです。
経営側はこれらを踏まえ、ある程度のメンバーが転職することを前提に後任も含めてチームを組み立てていくことが大事だと思います。
また、この中で中核メンバーを確保する努力をしていることです。
ある程度余裕のあるチーム構成をしながら、その中で良い人材に目をかけケアしていく。
こういったことが出来ている企業は、成功するのではないでしょうか。

DSC_0407

社内ミーテイング風景

問:退職を前提にしながらもスタッフに理解を深めていくことは、日本企業ではなかなか理解しづらいことかもしれませんね。

答:カオピーズにはカムバックしたスタッフも多く働いています。
短期的に考えずに、少し長い目で考えています。
また、売上よりも技術的にチャレンジする案件にも取り組んでおり、そういった企業姿勢がスタッフにアピールできているのだと思っています。

問:企業姿勢ですね。
もっと言うと企業理念的なものでしょうか?

答:そうですね。
企業理念についても、責任者や現地スタッフに深く浸透させることが大事だと考えています。
例えば、日系企業が現地の人を責任者とした結果、日本側の意に反してベトナム風の経営陣や組織になってしまったと聞いたことがあります。
そうなってしまった原因は「企業理念が責任者に深く理解されていなかったから」ではないかと思っています。
企業の理念を知り、ベトナムの習慣を理解した人が責任者になることが理想の形だと思います。

DSC_0405

ベトナムのオフィスでは軽食やお菓子を無料で提供しているところが多い

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。