ホーム >  タイ > 【知らないと損するタイ進出情報】タイの王位継承問題

【知らないと損するタイ進出情報】タイの王位継承問題

LINEで送る
Pocket

タイで生活し、あるいはタイで事業を始めようとする時、現地の人々の心の中にある「国王」の存在が、予想を超えて遙かに大きいことに気付く。国王のシンボルカラーである黄色の着衣を身にまとい、多くの国民から「ポー(お父さん)」と敬愛される様子は、タイの統治システムの根幹に国王あるいは王室制度が深く横たわっていることを実感させる。今年6月9日に在位70年を迎えたタイのプミポン国王は88歳と高齢で、2009年から国立シリラート病院に長期入院をしている。いつかは起こるであろうことが王位継承の問題である。不確かな情報や噂に惑わされることなく正しい情報によった確かな理解を行う必要がある。

6月9日に開催された国王在位70年記念式典の様子(首相府提供)

プミポン国王は1946年に現チャックリー王朝の第9代国王として即位した。欧米の教育機関で学業を修め、現代風にカメラや楽器演奏など趣味も多彩。国内では頻繁に地方視察に出掛け国民と触れ合ったほか、「王室プロジェクト」とする農業振興策などを主導してきた。1992年に起きた民主化を求める流血事件時には仲裁に乗り出し、政治が混乱に陥った際の収拾のあり方を世に示した。

タイの王位継承は、1924年制定の王室典範と歴代の憲法によって規定されてきた。王室典範に書かれた国王の皇太子指名権(第5条)、同罷免権(第7条)、あるいは王位継承者を指名せずに崩御した場合の手続規定(第8条)の解釈などから、王位継承権者の生前指名(王位継承権の授与)は国王の専権事項であることがわかる。

現在、4人いるプミポン国王の子のうち王位継承権を持っているのは長男のワチラーロンコーン皇太子(63歳)と、王子のすぐ下の妹のシリントーン王女(61歳)の二人。長女と三女は外国人と結婚するなどして権利を失った。ワチラーロンコーン皇太子には1972年に、シリントーン王女には75年にそれぞれ王位継承権が授与された。

国王の長寿と健康回復を祈るプラユット首相(首相府提供)

日本の皇室制度を知る者は、王位継承権者が同時に2人も存在しているという事実に不可思議な思いを抱くかもしれない。そこに、タイの王位継承をめぐる難しさがある。

1932年の立憲革命前、絶対王政下に制定された王室典範では、国王は皇太子を指名し、皇太子は王室の命令によって即位する(第6条)と規定する。不慮の事故など国王の指名のないまま王位継承があってもいいように、法定承継順位も第9条で規定されている。注目すべきは、同条で継承権者を「直系の男子」と限定している点だ。

タイの王室典範を読む限り、王女が王位を継承することは日本と同様に認められていない。「王女は完全に王位継承から除かれる」と第13条ではっきりと明示もされている。にもかかわらず、次女のシリントーン王女には王位継承権が授与されたという事実がある。なぜか。

戴冠記念日を記念して昨年発行された50万バーツ紙幣と在位70年を記念して今年発行された70バーツ紙幣(中銀提供)

2014年5月の軍事クーデターで停止された2007年憲法は、その第23条2項で「王位が空位になり、国王が王室典範に定める王位継承者を指名していない場合は、枢密院は内閣に対し、王位継承者名を提出し、内閣は承認を得る為に国会に提出する。この場合、王女の名を提出することもできる」と定める。

この条文を論理解釈した帰結が、同王女への王位継承権授与であった。タイではタノーム・プラパートによる独裁政権を倒した後に制定された1974年憲法以降、歴代の憲法に同様の規定が置かれ、これが下位法である王室典範の効果を打ち消してきた。国連で女子差別撤廃条約が採択されたのは、その5年後の79年のことだった。

プラユット首相の右には2006年クーデター後に政権を率いたスラユット枢密顧問官が見える(首相府提供)

75年の早期に、プミポン国王からシリントーン王女へ王位継承権が授与された真の理由や経緯は分からない。国王に何らかの思慮があったと見るべきだが、その内容が将来にわたって明らかとなる可能性も極めて低いと見られている。歴代憲法との齟齬が生じている王室典範の改正の発議も憲法上、国王の専権事項とされており、王位継承権者が2人も現存する状況では当面は考えにくい。

ただ、国王の健康状態をよそに、巷間、繰り返される時の政治混乱とを関連付けた根拠のない与太話には憂いを抱かずにはいられない。タイに関心を持つ(あるいは世話になる)我々に求められることは、確かな事実に基づいた合理的な判断とタイの社会への理解である。来るべき新憲法に王位継承規定がどのように書き込まれるのかを見守ること。それが許されたせめてもの配慮なのではないか。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介