ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】ローカルのおススメする火鍋は、なんとかぼちゃのお粥鍋!

【マレーシア】ローカルのおススメする火鍋は、なんとかぼちゃのお粥鍋!

LINEで送る
Pocket

ご存知ですか?マレーシアの人口のうち、中華系が占める割合はおよそ20%の640万人ほどなんです!

「なんだ、意外と少ないな」と感じた方はクアラルンプールにおける中華系の人口比率の高さに驚くことでしょう。

なぜなら、商売が得意な彼らは必然的に大都市に集まって成功を収めていますし、飲食店などを経営していることも多いため、私たちにとっては目に留まりやすい存在でもあるのです。

中華街

さて、「中華」と言えば、もちろん食べる方も思い浮かびますが…チャイナタウンはもちろんのこと、クアラルンプールには多くの中華料理店がひしめいています。
そして日本人である私たちもまた、味覚の合う中華料理を求めて彷徨うという、Win-Winの関係が成り立っています。

中華料理の良いところは、何しろ日本米に近いタイプのお米が頂けること!
マレー料理やインド料理も良いですが、ちょっと縦長のあの粒には、どうしても慣れない人が多いのも事実です。

琳園⑯

そんな食べ慣れたお米を求めて、今回は、ローカルでとても流行っているという「PUMPKIN GARDEN STEAMBOAT KITCHEN 淋園」さんにお邪魔してみました。

メインは当然、タイトル通り「スチームボート」…火鍋です!
火鍋好きの私ですが、知り合いによると「かぼちゃのお粥鍋がおススメ」らしい…?

お店はクアラルンプールの中心地、MRT地下鉄のBukit Bintang駅から南方向へ3駅という至極便利な場所にあります。

このMarini駅周辺はとてもローカル色の強い地域ですが、日本のスーパーマーケット「イオン」の本部があることでも有名なんです。
駅の隣のイオンを抜けて5分ほど歩くと、そこには小洒落たコンドミニアムがあります。
(1階はほとんどが店舗になっているのですが、カフェやコンビニ、そして脱毛の「Muse」がありました!)
緑のアップライトが可愛らしい店舗がすぐに見えて来ます。

琳園⑰

外観も清潔感があり、センスあふれた造りになっています。
まだ6時と早い時間帯なので、お客さんはまばらな様子。
円卓の一人席に案内してもらいました。
中のスタッフはかぼちゃをイメージした緑のTシャツを着ていて、サービスも良かったです。

席を担当してくれるおばさまに「かぼちゃのお粥鍋」を頼むと、早速取り掛かってくれます。

琳園⑨

それにしてもこの鍋、大きすぎやしませんか・・?
ま、いいかとメニューを拝見すると、そこには火鍋以外のメニューもずらり。
なんなら他にも食べたいものがたくさんあって迷ってしまいそうです…

淋園1

おばさまが「さあ、もういいわよ。食べて!」とソースや胡椒のトッピングを教えてくれましたよ。

かぼちゃのお粥がクリーミーならアクセントは辛さかなと思い、このようなトッピングにしてみました。

琳園⑦

鍋の中身は、海老やお肉、野菜がたっぷり入っています。
これでお値段は29リンギット(=900円いきません)というのですから、物価を勘案してもお安いです。

肝心の味はというと、まずお粥が美味しい!
実はチャイナタウンのお粥を食べに行くことがありますが、こちらの方が日本人好みかもというお米の粒の固さでした。
海老や豚肉の美味しいスープと絡まって、優しい味…
最初は薬味なしで味わうことをお勧めします。

次に味のアクセントを付けるとすれば、やはりピリリと辛いトウガラシのソース!
辛すぎず甘みもあって、お粥に合う合う。

琳園⑥

これは、他のトムヤンクンスープもシーフードスープも試してみる価値はありそうです。

夜が更けてくるにつれ、いつの間にか近所のサラリーマンやOLらしき人で席が埋まっていました。
(さすがに私のように一人鍋をしている人はいませんでした。)

客層は5~6人の団体が多かったのですが、この火鍋は2人分なら、なんと一人当たり19.80リンギットになるんです♪
やはり中華は大勢で卓を囲む、というのが鉄板のお約束のようです。

琳園⒓

さきほどのおばさまに話を伺うと、この店は1店舗のみで経営しているらしく、中国人がオーナーだそう。
「この辺りは日系企業も多いからランチは日本人がたくさん来てくれるわよ」とおっしゃっていました。
確かにこの味なら、日本人を取り込めるのではないかというのが個人的な感想。

オーナーはいないんですか?と尋ねると、普段はいないのよ~と言いながらマネージャーを紹介してくださいました。
マネージャーのKonさんは中華系のイケメンの若者ですが、なぜかかたくなに写真はNG…

でも親切にも奥の個室に通してくださり、お話を伺うことが出来ました。
(奥には宴会の個室がありましたよ。)

琳園⑪

Konさんはお味は如何でしたか、と前置きしつつ、これからどんどんクアラルンプールの中心地に進出して行きたいというオーナーの希望について、熱く語ってくれました。
店舗を増やすためにはメニューの数と品質を保ち、固定客はもちろんのこと、新しいお客をどんどん開拓していくのが理想だそう。

琳園⑮

拝見しているだけでもかなりテキパキした様子の敏腕マネージャーは、店内の写真も撮って下さいね、とサービス精神もなかなかのもの!
勢いのある飲食店という印象を受けました。

とても美味しい火鍋のお店、クアラルンプールでローカルな中華料理を食べたい時に利用してみては如何でしょうか。


PUMPKIN GARDEN STEAMBOAT KITCHEN 淋園

住所:86D E,F | Jalan Cheras, Batu2 1/2, Kuala Lumpur 56100, Malaysia
電話番号: +60 3-9283 8868

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介