ホーム >  タイ > 【知らないと損するタイ進出情報】タイの財閥研究CPグループ①

【知らないと損するタイ進出情報】タイの財閥研究CPグループ①

LINEで送る
Pocket

 

タイで最大の民間企業財閥
「チャロン・ポカパン」。その名を知らないタイ人は、おそらく一人もいないだろう。それぞれの頭文字を取って「CPグループ」と呼ぶ企業グループは、数十は存在するとされるタイの財閥にあって飛び抜けて桁外れに規模が大きい。連なる大小系列企業は300社以上。タイのみならず東南アジア一円、中国、香港、欧州、ロシアなどでも事業を展開する。複合コングロマリットを形成するグループの年間総売上高は1兆5000万バーツ(5兆円弱)とされ、従業員も全世界に30万人以上。「タイの財閥研究シリーズ」初回は巨大財閥CPグループを2回に分けてお伝えする。

「チャロン・ポカパン・グループ」の創業家チャラワノン家初代の謝易初(エックチョー・チャラワノン)は1896年、中国広東省潮州の隣街、澄海県の農家に生まれた。タイに渡ったのは1921年。大陸では辛亥革命の後に軍閥が群雄割拠し、内戦が深刻化する混迷の時代だった。

エックチョーは生育が早く収穫量の多い良質の野菜の種をタイに持ち込み、この販売から事業を興していった。種販売は堅調で、商売になる種であることが分かると中国や香港に何度も飛び、種を持ち帰って販売した。この時に創設した商店「正大壮」がCPグループの源流である。

彼は弟の少飛(チョウフイ)を中国から呼び寄せると二人で事業を拡大。収穫量が多いうえに生育が早く、病気にも強い野菜の種を厳選し、袋に小分けにして販売した。袋にはこの頃では珍しい使用期限を明記し、期限を過ぎたものについては回収するなどの心憎いサービスも行った。この結果、顧客は爆発的に増えていった。

 

種事業が拡大すると、自ら良質な種の栽培に取り組もうと、品種改良にもチャレンジ。野菜にとどまらず、コメや花、家禽などにも順次、手を広げていった。効率よく生育ができるよう、肥料や飼料、農薬との一体販売も手掛けた。この頃、エックチョーが開発した高収穫米の一つに自らの名を付した「謝易初」という銘柄があった。

種事業に続いて参入したのは、食肉事業だった。タイではごく普通に食されているガチョウ。この品種改良にまず取り組んだ。結果、生育が早く、肉厚な新品種「獅子頭」の開発に成功。流通量を拡大していった。

次いで養鶏業にも乗り出す。輸入した雛鶏(ヒナ)を生育し、解体して出荷、輸出するまでの一貫体制を確立。グループのビジネスモデルの原型がこの頃、初めて誕生した。また、グループ内にあった飼料販売店「チャロン・ポカパン(繁栄・消費財の意)」をグループ名に統一することにしたのも、この前後の時期だった。

1958年には、後に総帥となるタニンが留学先の香港から帰国。軍が管理する食用豚の解体処理工場で技術指導を受けた後にグループ入りし、経営に参画。60年代後半には事実上の後継指名を受け、中枢の階段を駆け上がっていく。

ブロイラー事業で巨万の富を得る
グループの最初の転機はこの直後に訪れた。71年、世界最大のブロイラー原種生産会社、米アーバーエーカー社と合弁で種鶏会社Abor Acres (Thailand)を設立。これまで種鶏を輸入して飼育していたのを自給生産に切り替え、川上から川下までの完全な一貫生産に切り替えようとしたのだった。

食肉専用の鶏すなわちブロイラーは、通常の鶏よりも生育が早く、食用部位が多く収穫できることで知られる。現在では、成鶏に達し出荷するまで50日程度(通常のヒナは4~5カ月)、平均的な体重は2.5kg~3kgとされている。完全なハイブリッド生産と言っていい。

問題は、ブロイラーが地鶏などの在来種からは得られず、人為的に品種改良された特殊な種鶏からしか生まれないということだった。しかも、ブロイラー同士を掛け合わせた二代目以降のヒナには、その特性は遺伝しないという特徴があった。よって、種鶏や元になる原種をいかに自給できるかがブロイラー事業の勝敗のカギを決すると言えた。

現在、世界にはアーバーエーカーのほか、チャンキー、コップなどといった種鶏が存在する。CPはこの中でもかねてから市場を席巻してきたアーバー社と組むことで、東南アジアでは初めてとなるブロイラー自給会社としての地位を得ることに成功したのだった。

また、CPはヒナをかえすための大規模な孵化場バンコク・ファームも建設。直営の養鶏場を構えたほか、近隣の農家と養鶏契約を締結し、ヒナや鶏舎、飼料、ワクチンなどを資金とともにパッケージで提供。農家が生育したブロイラーの全量を買い取るとする外部委託契約で生産量を伸ばしていった。

買い取った成鶏はグループが設置した解体処理工場バンコク・ライブストック・プロセッシングで一括処理。アメリカから導入した瞬間冷凍技術を使って冷凍チキンを生産し、商社を通じて日本や欧米諸国に輸出している。

 

ブロイラー事業の成功で、タイを世界有数の鶏肉出荷国へと推し進めた立役者CPグループ。その後は事業を養豚やエビ、魚など水産分野にも拡大していった。それは、同社が巨大財閥へと成長する過程と奇しくも軌道を一としていた。(つづく)

【CPグループ】大規模なブロイラー生産をきっかけに、今日の地位を築くに至った「チャロン・ポカパン・グループ」。2つ目の大きな転機となったのが1983年の初代総帥エックチョーの死去だった。エックチョーには2人の妻との間に12人の子供がおり、長男ジャラン(正民)、次男モントリー(大民)、三男スメート(中民)、四男タニン(国民)の4人の息子が事業に携わった。この中で、末弟のタニンが一族から後継指名を受け、グループトップとして現在まで舵取りを続けている。1921年設立、間もなく創業100年を迎える。連載後半はタニン政権下で事業部制を採り入れ、通信、石化、不動産など複合コングロマリットを形成していった軌跡を追う。(敬称略、写真はCP-eニュースから)

※お断り:【知らないと損するタイ進出情報】タイの財閥(概況)ではCPグループ創業家を「ジラワノン家(ธนินท์ เจียรวนนท์)」と標記していましたが、近頃始まった新聞紙上の連載で自らを「チャラワノン家」と標記したことからこれに合わせることにしました。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介