ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】カンボジアにモバイル決済の波、今“PI PAY”が熱い!!

【カンボジア】カンボジアにモバイル決済の波、今“PI PAY”が熱い!!

LINEで送る
Pocket

チャージはキャッシュマシーン“PayGO”で

“PI PAY”の利用に、銀行口座やクレジットカードは一切必要なく、“PayGO”というキャッシュマシーンで入金できます。
この“PayGO”は現在、プノンペン・シェムリアップ・バッタンバンの3都市でサービスを開始している模様。
PI PAYアプリの地図上から、この“PayGO”の場所を探せますが、プノンペンではガソリンスタンドやスーパーの中などいたる所に本当にたくさんあるので、チャージにはまず困らない印象です。

IMG_6781現在地から“PayGO”を探せる。

最大の魅力は、支払いのストレスフリーとディスカウント

カンボジアではUSDとカンボジアリエルという二つの通貨が使用されているので、支払い事情がなかなか複雑です。
金額はドル表示だけれど、手持ちのリエルで支払いたい場合、店員さんもお客側も一瞬計算がこんがらがる場面が度々あります。
それに加えて1ドル以下はすべてリエル紙幣となるため、基本的にドルとリエルを混ぜて支払うことにもなります。
一方“PI PAY”は、レジで携帯電話番号と暗証番号を端末に入力するだけで、支払いが完了。
まさにストレスフリーです。
複雑で面倒な支払いを解消してくれる、スマートなモバイル決済が、“PI PAY”という訳です。

IMG_6779 (1)この端末に電話番号とパスワードを入力する。

 

もうひとつ、“PI PAY”の最大の魅力と言えるのが、各店舗で行っているディスカウント。
ほとんどが5%~20%の割引率ですが、50%という超破格のディスカウントも珍しくありません。
スマートフォンを持ち歩く若者世代に大人気なのもうなずけます。

IMG_6776

IMG_6773

IMG_6774

 

カンボジアで暮らすにあたり、“PI PAY”は欠かせないツールとなるかもしれません。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。