ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】キャッシュレスで無人コンビニ?マレーシアが目指すハイテク自販機とは

【マレーシア】キャッシュレスで無人コンビニ?マレーシアが目指すハイテク自販機とは

LINEで送る
Pocket

日本を訪れた外国人が驚くのが、自動販売機の充実。
飲み物やスナックのみならず、インスタントラーメンから生活用品までをカバーする種類の多さはもちろん、それは治安の良さの象徴でもあるからだ。

2017年にニュースサイトのビジネスインサイダーマレーシア(BUSINESS INSIDER MALAYSIA)に掲載された記事でもさまざまな角度からこの点に言及している。

マレーシアのキャッシュレス自販機

マレーシアのキャッシュレス自販機

マレーシアにも自販機(中には日本の中古と思われるものも)はあるが、ショッピングモール内(警備員などが多い状況)や公共施設などで稼働していることが多く、日本のように路上に設置されていることは少ない。

完全キャッシュレスの自販機登場

ラピッドKL(Rapid KL)はクアラルンプールおよび近隣都市で運行されている公共交通システムである。
パサール・スニ駅(Pasar Seni)はラピッドKLのLRTとMRT2線が利用できる主要乗換駅の一つだ。
セントラル・マーケット(Central Market)や中華街(China Town)など周辺には観光スポットも多い。

マレーシアのキャッシュレス自販機

そのパサール・スニ駅に設置されたのがアイリス100エンエクスプレス(Iris 100Yen Express)。
駅ナカに有人のドリンクスタンドはあっても、自販機だけのコーナーというのは目新しい。

日本では自販機はあくまでもヴェンディングマシーンであり、コンビニとは住み分けができている。
しかし、アイリス100エンエクスプレスはマレーシアでは自販機ではなく”無人コンビニ”として出店という位置づけとなるのがその違いである。

マレーシアのキャッシュレス自販機

さらにマレーシア初のキャッシュレス自販機としてアプリ、プリペイドカード(マレーシア版IC乗車券兼プリペイドカードでSuicaのようなもの)、クレジットカードで決済し飲み物やスナック菓子などを購入することができる。

アプリを使った決済が今後主流に

キャッシュレス自販機の決済で注目すべきは、今後マレーシアでも主流になるとみられているモバイルウォレットアプリを使った決済だ。

マレーシアのキャッシュレス自販機

アイリス100エンエクスプレスでも利用可能なアプリ「ブースト(Boost)」もその一つ。
同じ駅ナカに設置してあるロンドン発コスタ・コーヒー(Costa Coffee)のヴェンディングマシーンで利用すると、キャッシュバックされる。
このように自販機×アプリ決済のメリットを前面に押し出しているのも特徴となっている。

マレーシアのキャッシュレス自販機

ただし現状では自販機の主力商品は、ドリンク類やスナック菓子、紙コップのコーヒーとインパクトに欠ける面もある。
今後は日本のようにさまざまな商品を扱うことで、無人コンビニとして機能していくのではないだろうか。

※アイリス100エンエクスプレスの正式名称はアイリス100エン・イーコンセプトストア(Iris 100Yen E-Concept Store)
今後マレーシア全土に展開してく予定で、詳細はこちら公式サイトに掲載されている。
参考URL:https://irisworld.com.my/iris-100yen-express/

※モバイルウォレットアプリのブースト(Boost)とは、現在のところマレーシア国内の電話番号のみ登録可能。
参考URL:https://support.myboost.com.my/hc/en-us

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介