ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】生粋のアメリカンピザ店「Boston Pizza & Bar」オーナーにインタビュー

【カンボジア】生粋のアメリカンピザ店「Boston Pizza & Bar」オーナーにインタビュー

LINEで送る
Pocket

2018年10月。
外国人や現地富裕層が多く住み、観光客向けのホテルも立ち並ぶプノンペンのボンケンコンエリアに「Boston Pizza & Bar」がオープンしました。

オープンから1ヶ月余り(取材時点)で西洋人コミュニティをはじめとする多様な層を取り込み、口コミなどで評判が広まっているこちらのお店。

なぜボストンを推しているのか?
ピザを提供する店舗は決して少なくないプノンペンで、なぜ今ピザレストランの開業に至ったのか?

共同オーナーのMap Phin氏(以下、Phin氏)にお話を伺うことができました。

アメリカから戻り、理容室と飲食店を開業
boston_01

共同オーナーのお2人(左:Map Phin氏、右:Tee Chan氏)

カンボジア西部の都市バッタンバンで生まれたPhin氏は、1983年に内戦を逃れて家族とともにアメリカ・オハイオ州のコロンバスへ。
現地の小学校、中学・高校を卒業し、カレッジ在学中から自身で複数のビジネスを立ち上げました。

最近では中古車販売事業に従事していましたが、事業を整理し、約1年前に故郷であるカンボジアに戻ってきました。

人生の大半をアメリカで過ごしたPhin氏。
カンボジアの市場環境やトレンドについて入念にリサーチした上で、本格的にカンボジアへの移住と現地での起業を決意したといいます。
カンボジアは、アメリカに比べてあらゆる制度や仕組みがシンプルで、起業に適した環境であると感じたそうです。

「Boston Pizza & Bar」オープンに先立つ2018年4月には、アメリカで理容経験のあるパートナーとともに、プノンペン市内に理容室「Import Cuts」をオープン。
バーやレクリエーションスペースなどを併設した居心地のよい空間を作り出し、近隣のアフリカ系コミュニティを中心とする外国人層から好評を得ているとのことです。

プノンペンで「本物」のアメリカンピザを広めたい
boston_14

外観

「Boston Pizza & Bar」開業のきっかけになったのは、現在の物件で飲食店を営んでいた女性と知り合ったこと。

個人的な事情により、彼女が店舗を手放す予定であることを知ったPhin氏は、同物件を譲り受けることにしました。
その時はどのようなビジネスを行うかは未定でしたが、アメリカ時代からの旧友で、後に共同オーナーとなるTee Chan氏と話合った末に、ピザをメインに提供する飲食店の開業を決断したといいます。

「私は基本的に食べることが大好きです。
アメリカ時代にも、美味しい店や新しい店には常にアンテナを張っていて、とにかく色々試しました。
時にはパートナーのTeeも一緒に。
それが、1年余り前にカンボジアに来た時、正直かなりがっかりしたのです。
たくさんのピザを食べたのですが、求めているものに出会うことができませんでした。
値段の割にサイズが小さかったり、生地が甘すぎたり。
アメリカで親しんでいた美味しいピザとはまったく異なるものだったのですよね。」

当時の失望がきっかけとなり、「プノンペンで正真正銘のアメリカンピザを食べられる店を自分達でやろう!」とChan氏と意気投合し、「Boston Pizza & Bar」の開業に至ったそう。

「コンセプト、メニュー、内外装などはすべて、TeeやJimmy達とともに作りました。
Jimmyはピザのプロフェッショナルで、1月から本格的に参画することになっています。
とても素晴らしいチームと一緒に仕事をしています。」

カンボジア系アメリカ人コミュニティからの波及に期待
Boston_15

店内

店内に踏み入れると、そこはボストンカラー一色。
壁にはボストンを代表するスポーツチーム「ボストン・レッドソックス」「ボストン・セルティックス」「ニューイングランド・ペイトリオッツ」のユニフォームなどが掲げられており、スポーツファンなら目が釘付けになってしまいそうです。

ボストンを前面に打ち出す店名とコンセプトには相当こだわったというPhin氏。

「店名は、とにかくキャッチーなものにしたいと考えていたのですが、近隣にボストンから戻ったカンボジア系アメリカ人の大きなコミュニティがあることに注目しました。
彼らがボストンを懐かしんで来てくれるような場で、“ボストンピザ”という名称でアメリカンスタイルのピザを提供したらどうだろう?と考えたのです。
私自身、ボストンからほど近いコロンバスで育ち、アメフトチームの「ニューイングランド・ペイトリオッツ」の大ファンです。
パートナーのTeeはボストンに住んでいたこともあったので、ボストンは私達にとっても非常に身近な場所なのです。」

新鮮なハンドトスピザをお手頃価格で

boston_12

各種ピザメニュー。
サイズはM、Lのほか、1人ランチにぴったりのパーソナルサイズも。
(写真:Facebookページより。
店舗提供)

アメリカ各地で食べられるピザのよいところを折衷したという“ボストンピザ”の特徴を、Phin氏に挙げて頂きました。

「まず、生地、ソースはすべて自家製で、その日に作ったフレッシュなものだけを使っています。
ソースは甘くなく、塩辛くもない、絶妙なバランスにこだわって作ったものです。
生地は、まるでバブルガムように厚くて弾力がありすぎるものとは違って非常に薄く、噛んだ時にパリパリ感を味わって頂けます。
そして、カンボジアでよく見られるピザ生地のように甘くありません。
食べる時に生地が垂れ下がってしまわないよう、提供時のコンディション維持にも気を遣っています。
さらに、サイズと価格のバランスも熟考しました。
大きさに見合った適正な価格で提供したいと思っています。」

来店・利用機会創出を目指す施策を拡充中

オープン後1ヶ月余り経った時点での顧客層は、国籍で言うと実に様々な方々が混在。
あえて大まかに言えば、西洋人の割合が多いそうです。

人気メニューは、ピザでは「ペペロニピザ」(M: $11.0、L: $13.0)「イタリアンソーセージ&ペッパーズピザ」(M: $11.0、L: $15.0)、BBQメニューの「スモークドリブ」($9.0)で、ドリンクを含めた1人当たり平均単価は約$8.0。

boston_06

「イタリアンソーセージ&ペッパーズピザ」(M: $11.0、L: $15.0)

boston_07

「スモークドリブ」($9.0)

「オープン後間もない現在は、お客様にメニューを知って頂くために、曜日変わりでスペシャルセットメニューを提供しています。
例えば、火曜日はペペロニピザ&ビールまたはソーダ($6.0)など、毎日異なるメニューをフィーチャーし、紹介するようにしています。
スペシャルセットで提供するピザは、ランチなどに1人で手軽に食べられる、9cmのパーソナルサイズ。
様々な味を試してもらえればと思います。」

「ビールは、カンボジア産クラフトビールの「Kingdom」のドラフトを、3種類用意しています。
他店より安い$1.5で提供していることもあって人気がありますね。
普段飲まないお酒を試してもらえるように、月〜土の17時〜19時にはハッピーアワーを設け、ビールやカクテルを割引価格で提供しています。」

boston_08

3種類の「Kingdom」ドラフトビール

料理の味については好評で、1度来たお客様が家族や友人を連れて再来店するといったサイクルもできてきているといいます。

一方、今後力を入れていきたいこととして挙げてくださったのが、デリバリーについて。
現在は1社のデリバリーサービスと提携しており、インターネットで注文してから45分程で簡単に配達を受けられるようになっていますが、今後さらに2社のデリバリーサービスを導入する予定だそう。

「これらのデリバリーサービスは独自のWEBサイトを持っているので、店舗の宣伝になると思っています。
それに、皆が店にまで食べに来たいわけではないと思いますし、複数のデリバリー会社から選択できるのは、お客様にとってもよいことだと思っています。」

とPhin氏。

boston_13

サイドメニューも充実(写真:Facebookページより。
店舗提供)

ハード面では、店内でのスポーツ観戦などを可能にするTVや、さらなるアート作品の設置なども検討中。

また、アメリカンピザにあまり馴染みがないカンボジア人向けの周知施策の一環として、ライブショーなどのイベントの定期開催も企画しているそうです。

カンボジアで開業時の注意点は、店舗工事のクオリティコントロール

boston_10

店内

長らくアメリカでビジネスを行ってきたPhin氏。
アメリカと比較して、カンボジアでビジネスを行う上で難しいと感じる点についてお伺いしました。

「まず、開業間もない現在は、店舗の認知拡大が難しいと感じています。
アメリカンピザに馴染みのないカンボジアの人達に知って頂くために宣伝・露出していくことは、私達にとってはチャレンジングなことです。」

「開業準備に関して言うと、工事のクオリティ管理が非常に大変でした。
店舗の設計は自分達で行いましたが、施工は現地の業者に頼んだのです。
事前に契約をきちんと交わし、実現したいことを詳細に伝えなければいけないということは言うまでもありませんが、こちらの要求水準は彼らが思う「完成」の状態とは異なることを認識しておかなければいけません。
まっすぐ塗装できていないとか、ワーカーの人々が工事後に清掃・片付けが不完全なまま帰ってしまうといったことは、日常茶飯事です。
賃金が決して高くない彼らは、後でやり直しを求めても快く対応してくれるとは限りません。
だからこそ、思い描いた通りのものを作ってほしいと思うなら、作業経過を常に自分の目でチェックして、気になることがあったらその場で指摘しないといけません。
このようなことはアメリカでは起こらないので、カンボジア特有の大変さといえますね。」

「絶品のアメリカンピザなら“ボストンピザ”」と言って頂くために

boston_11

テラス席。
ボストンの風景をイメージした作品は、プノンペン在住の日本人アーティスト作

根っからの起業家タイプのPhin氏。
他にも手がけたい事業がたくさんあるものの、現在は「Boston Pizza & Bar」「Import Cuts」の2事業に注力したいとのこと。

「Boston Pizza & Bar」が目指すところについては、
「とにかくプノンペンで最高のピザを提供していきたい。」
と重ねて語ってくださいました。

イタリアンピザやカンボジア風にアレンジされた甘めのピザを提供する店舗が多い中、「本物」のアメリカンピザとして、“ボストンピザ”の名がプノンペン中に知れ渡る日も近いでしょう。

————————————————————————————————————

■Boston Pizza & Bar
【住所】No. 10, Street 278, Phnom Penh
【電話】011 572 212
【定休日】日曜日
【営業時間】12:00〜22:00
【Facebookページ】https://www.facebook.com/BostonPizzaBKK1/

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介