ホーム >  ベトナム > 【潜入編】ベトナムの大型書店

【潜入編】ベトナムの大型書店

LINEで送る
Pocket

今回はベトナムの書店についてご紹介したい。

「ベトナムの教育水準はまだ未成熟なのではないか?」といった質問をよく日本の方から伺うが、実はベトナムの識字率は東南アジアでも上位に位置しており、その普及率は90%を優に超えている。

そのためか、街角には日本以上に多くの書店を見かける。

IMG_1324

こちらはその中でも最も有名なFAHASA書店だ。

ホーチミン市内の中心に位置し、ベトナム人・外国人を問わず、連日多くのお客で賑わっている大型書店である。

IMG_1350

ベトナムで出版されているものであればたいていの書籍が手に入るといわれており、遠方からはるばる本を探すために足を運ぶベトナム人も多いという。

IMG_1334

こちらはベトナムの雑誌コーナー。
ベトナム出版業界の特徴なのだが、週刊誌や雑誌に当たる本の種類が日本と比べて極端に少ない。
ホーチミン市内最も大きいとされるこの書店でも、写真のとおり少量しか取り扱っていない。
しかも、本は平積みされており、あまり売れているようには見えなかった。

IMG_1354 IMG_1355

子供の人口が非常に多いためか、やたらと子供向けの教育本がおかれていた。
特に売れているのがこちらの世界の偉人シリーズのようで、アンネ・フランクやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ガンジーなどがコミカルに描かれている。

IMG_1357 IMG_1356

なぜかブルース・リーやエルトン・ジョンのものまで並べられていた。
どうやら、彼らはベトナムではガンジーと同格の扱いを受けているようだ。

IMG_1336

こちらは英語学習用の書籍コーナー。

この書店の中でも最も広いスペースを占めている。

実はベトナムでは英語需要が非常に高く、多くの学生や社会人が英語塾に通い英会話を学んでいる。

外資企業の割合が特に高いホーチミン市では、英語の能力が収入に直結する事が多々あるため、その必死さは日本の比ではない。

特に、TOEICやIELTSなどの関連書籍は非常に多く、その需要の高さが伺える。

IMG_1337 IMG_1341

こちらはTOEIC学習における定番中の定番「BARRONS」。なんと、10回分の試験問題が収録されている上に、懇切丁寧な解説までついて値段は約600円と非常にリーズナブル。

IMG_1333

こちらは日本語学習用の書籍コーナー。

一般小学校の授業に「日本語教育」が追加されるほどベトナムでは日本語学習者が多い。

そのためか、中国語や韓国語のスペース以上に多くの本が陳列されていた。

IMG_1344

価格は約500円ほど。英語の学習本と比べると若干高め。

IMG_1329

その隣には日本の漫画コーナーも設置されていた。

IMG_1330 IMG_1360

IMG_1358 IMG_1331

ドラゴンボールやドラえもん、クレヨンしんちゃんやセーラームーンなど、多くの漫画が売られている。

上記の「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」などのベトナム語版に関しては値段が100円と安価だが、「ドラゴンボール」や「セーラームーン」などの日本語版は値段が2,000円と非常に高い。

IMG_1352

また、漫画以外にも日本の小説が多く取り扱われていた。

百田尚樹の「永遠の0」や村上春樹の「ノルウェーの森」、福沢諭吉の「学問のすゝめ」など、多くの作品が売られていた。

一般小学校での日本語教育が開始された今、漫画やアニメ以外にもこれらのような文学作品が読まれる機会も増えていくだろう。

日本人としてこれほど誇らしいことはない。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介