ホーム >  マレーシア > テーマパークが開業間近!カジノリゾートのゲンティンハイランド

テーマパークが開業間近!カジノリゾートのゲンティンハイランド

LINEで送る
Pocket

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

クアラルンプールから1時間の避暑地ゲンティンハイランド

カジノ&ホテルと遊園地で知られるゲンティン・ハイランド(Genting Highlands)
1964年に華僑の林梧桐が創立したマレーシアのリゾート・不動産関連事業ゲンティン・グループによって運営されている。

ゲンティン・ハイランドは高度1,700mの山頂にあり年間気温は17〜25度前後、熱帯マレーシアにあって手軽な避暑地として非常に人気が高い。

主なアクセスは車かバス、タクシーでクアラルンプールから車で1時間ほど。
マレーシアでは唯一政府公認のカジノがあるため、国内外から多くの人が訪れる。
1971年に最初のホテルが開業し、現在では5つのホテルを抱えるリゾートエリアとなっている。

2016年度の年間訪問者数約2,000万人(※1)。
ちなみに同年の東京ディズニーリゾートの年間入場者数は公称約3,000万人である(※2)

テーマパークのフォックススタジオ開園や再開発で注目のエリア

2013年までは併設の屋外遊園地を含め、レトロ感あふれる雰囲気だったが、映画会社系テーマパークのフォックス・スタジオ(20th Century Fox World Genting)の誘致決定に伴い、現在2018年の開業を目指し、大規模再開発の工事が急ピッチで進められている。

マレーシアではほぼ初めての大型テーマパークであり、US300万ドルが投資され、10万平方メートルのスケールで展開される予定だ。
完成したフォックス・スタジオは、7つのエリアで映画を元にしたアトラクションが楽しめるという。

同時に周辺地域の再開発も進行しており、新たなホテルの開業、ロープウェイのアワナスカイウェイ(Awana SkyWay)を延長しパーク&ライドへ改良、ゲンティンハイランド・プレミアムアウトレット(Genting Highlands Premium Outlets)のオープンなど、さらなる集客力アップが期待される。

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

スカイアヴェニューは標高1700mにあるショッピングモール

一足先にオープンしたスカイ・アヴェニュー(SkyAvenue)は、マレーシアの最新トレンドが反映されている。
エントランスの吹き抜けのホールは壁一面にプロジェクション・マッピングが投影され目を引く。
とても人里離れた山の頂上にあるモールとは思えない。

大きなディスプレイを使用した広告や世界の絶景などのイメージしたディスプレイはクアラルンプールの中心部ブキッ・ビンタン(Bukit Bingtang)などでももはや定番となっている。

一昔前の娯楽施設的な印象もあったゲンティン・ハイランドだが、総予算額からしても今回のリニューアルは大規模なことがわかる。

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

新規オープンに欠かせないキーワードはマレーシア初出店

飲食店ではマレーシア初出店となるレストランに加え、すでに国内で知名度のあるチェーンなどが軒をつらねている。

マレーシアの飲食店でまず話題を集めるのが「初出店」というキーワード。
英ロンドンで展開するバーガー&ロブスター(Burger and Lobster)は、東南アジア圏初出店ということで、話題を集めている。

ゲンティンgenting

飲食店はリゾート価格設定で通常よりも高め

実は同じチェーンのレストランやファストフード店でもゲンティン・ハイランドでの出店においては通常よりも高めの価格設定となっている。
※ゲンティン・リワード(Genting Reward)というグループ内の施設で使えるポイントカードを持っていると割引が適用されるというシステムもあり。

チュロスを販売している店は通常のモールではオリジナルフレーバー1本がRM4.9(約128円)だが、ここでは約4割増のRM7.9(約200円)。
先ほどのポイントカードを利用してもRM6.9(約180円)という値段設定であった。

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

ゲンティンgenting

世界各国のレストランやバーが出店しているスカイアヴェニュー

カジノを母体とするエンターテイメント施設なだけあり、飲食店は世界各国の料理が楽しめるようになっている。
ただし現段階では週末や祝日はビジター数に対しての店舗数はまだ足りていないようで、ディナー時になると軽食以外は行列ができていてかなり待たされるといった状況。

まだソフトオープンといった印象だが、今後再開発が完了したあかつきには、さらに集客力がアップするのは確実と見られる。

※1
ANNUAL REPORT2016 GENTING MALAYSIA BERHADより
※2
http://www.olc.co.jp/ja/tdr/guest.html

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介