ホーム >  カンボジア > コンポントムで見つけたボタニカルなレストラン、Sambor Village

コンポントムで見つけたボタニカルなレストラン、Sambor Village

LINEで送る
Pocket

IMG_1586

そもそもコンポントムって、どんな街?

カンボジアのちょうど真ん中、おへその位置にある州。
首都プノンペンとアンコールワットの街シェムリアップの、ちょうど折り返し地点。
それ以上説明のしようがないくらい、コンビニはもちろん、スーパーもない。
エアコン付きのカフェもない(もうすぐ1店舗できそう)。
当然、パスタやピザが食べられるようなレストランもない。
どこにでもあるはずの中華食堂すらない。
あるのは田んぼ、地平線、水牛の群れ・・・。
あ、遺跡もあります。

そんな、な~んにもないのどかな街の川沿いに、ひっそりと佇むブティックホテル&レストランがありました。
コンポントム唯一の、ウエスタン料理がいただけるレストランです。

木々に囲まれた、ボタニカル感強めのレストラン

何とも素晴らしい、ジャングル風の入口!ここから入ります。

IMG_1602

木々のアーチを抜けると、次は約30メートルほどの緑のトンネルが!
大きく深呼吸をして土の匂いを嗅ぎながら、石畳みの道を進みます。

IMG_1603

少し進むと、右手に青いプールが見えてきます。
食事をすると、無料で泳げるそうです。

IMG_1588

左手には、緑の中に1軒ずつ独立したヴィラタイプのお部屋が数棟並ぶ。
1泊$60~。

IMG_1604

IMG_1590

さらに進んで行くと、カンボジアの伝統的な建築方法、高床式の建物が見えてくる。

IMG_1589

日本で見かける、フラワーショップが併設されたカフェやレストランなんかよりも、よっぽどボタニカル感強めです。

インテリアは南フランスとアジアの融合

高床式の1階部分に入ってみると、テラコッタのタイルとビビッドな色のファブリック、そこに歴史を感じさせる梁と垂木の色合いが加わる。
カンボジアと南フランスが融合したかのような、居心地良い空間が広がります。
エアコンなしのオープンエアの店内ですが、天井のシーリングファンと緑のおかげで、涼しさMAXです。

IMG_1591

IMG_1592

IMG_1593

陸の孤島なのに、フードもドリンクも充実のメニュー

フード類は、ウエスタンフードとカンボジア料理、コース料理が用意されています。
サラダ$3.5~、ピザ$6~、パスタ$5~。
カンボジア料理は、ココナッツスープのライスヌードル$5、
フライドヌードル$5、アモック$6.5、レッドカレー$5、ロックラック$7など。
2名分のコース料理は7品で$18。

IMG_1599

マルゲリータピザ $6

 

IMG_1598

トマトペンネ $5

ドリンクメニューは、グラスワイン$3.5、カクテル各種$4、アイスコーヒー$1.75、ホットティー(ポット)$1.75など。
ドラフトビールはなく、カンとボトルのみ$1.75~。

IMG_1594

改めて言っておきたいのが、ここはスーパーもコンビニもない街だということ。
パスタもチーズもベーコンも売っていない。
牛乳も週に1回だけしか入荷しない。
言わば陸の孤島のような街。
流通の限られた場所で、このメニューをこのクオリティで提供できるのは、実に素晴らしい。

田舎町で味わう、究極のリラックス空間

何もないこの街で、ボタニカル感強めのリラックス空間に身を置いて、日常を忘れてみるのはいかがでしょうか。
ここがコンポントム唯一の、ウエスタン料理がいただけるレストラン。
コンポントム一番のオススメスポットです。

Sambor Village
Democrat Street (Brochea Thebatey), Kampong Thom 6000, Krong Stueng Saen
http://samborvillage.asia/en/home/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介