ホーム >  ベトナム > ベトナムにも二郎系ラーメン???

ベトナムにも二郎系ラーメン???

LINEで送る
Pocket

こんにちは。おしえてASEAN事務局です。

日本の皆さんは麺が大好きですよね。らーめん、うどん、焼きそばと沢山の麺料理で溢れかえっています。

筆者も麺料理が大好きです。

それは、ベトナムでも同じ。ベトナムにも沢山の麺料理があるので紹介します!

日本での麺料理は小麦粉でできたのが多いのに対して、ベトナムは多くがお米の麺でできてます。

なので!日本の麺料理とは違った歯ごたえが楽しめます。

この記事の最後にはゲテモノ!?麺料理も紹介してますので最後までチェックしてくださいね。

 

フォー

ベトナム料理といったらフォーを思い浮かべるのではないでしょうか。

フォーとは、米粉でつくった平打ちの麺でそれにゆでスープを入れ、牛肉や鶏肉などの具を加えた食べ物です。

ベトナムでは、冒頭の写真のように沢山フォーを食べたのですが一番おススメで滞在中に朝晩食べてしまったお店を紹介します。

img32

img33

ハノイにあるフォー・ザ・チェンというお店です。

これは衝撃的な美味しさです。フォーは、あっさりしているので辛子やニンニク汁やライムなどを加えてオリジナルの味にして食べるのが一般的ですが、フォー・ザ・チェンのスープは濃厚でこってりしているのでそのままでいけます。出汁に香草が大量に染み込んでいて口の中で「これがベトナム料理だ!」と言わんばかりに味が染みわたります。(笑)

ハノイでしか食べれないご当地フォーです。

img35

フォーを食べていると現地の方が何かを付けて食べていました。何を付けて食べていたのか気になって夜も眠れなかったのでもう一回出直して頼んでみました。(笑)

遠くからみると「骨!?」かと思いましたが揚げパンです!

揚げパンは無味です。この揚げパンを出汁のきいたフォーに付けて食べます。これが出汁を堪能できて美味しい。郷に入っては郷に従えといいますが、現地の人の真似をして正解でした。

ブンボーフエ

ブンボーフエは、ベトナムの中部にあるフエという都市の名物料理です。太い米麺が特徴です。

img37

筆者が訪れたのは、ブンボーフエの有名店。店名は、ブン・ボー・フエ

最初、ペプシのお店かと思い入るのを躊躇したんのですが、店員さんが招き入れてくれました。(笑)

img38

めちゃくちゃボリューミーです。麺の上にはエビのすり身団子、ポーク、ビーフが載っていて、スープは、唐辛子とレモングラス利いていて、甘酸っぱい味になってます。

好みで香草を入れてオリジナルの味にできます。香草が沢山あるので全部乗っけたら二郎らーめんみたいになります。 ベトナムにも二郎系があったとは(笑)

 

ブンチャー

ブンチャーとは、ハノイ発祥の料理でブンとは米粉という意味でチャーは混ぜるという意味です。ってことは混ぜそば?って思いますがどちらかというとつけ麺です。

ベトナム式つけ麺のブンチャー紹介しちゃいます。

img40

ハノイにあるダックキムというお店に行きました。

細い米麺に焼肉や香草と一緒に青パパイヤ入りのヌックマムベースのたれに付けて食べます。

焼肉というよりはどちらかというとハンバーグのようなお肉でした。とにかく量が多いので一人前をシェアして食べるのがおススメです。

img42

つけ麺風ということだったのでスープに麺をつけて食べていたら現地の人はかけて食べていました。

郷に入っては郷に従えということでかけてみました。(笑)

かけたほうがスープの分量を調節できました。麺に対してスープが少ないのでかけ麺ありです。

ベトナムでみつけた新しいかけ麺スタイルいかがでしょうか。

 

烏骨鶏ラーメン

img44

 見た目の衝撃がすご過ぎる烏骨鶏ラーメン。烏骨鶏というのは後から知りました。現地の人にフォーが食べたいと言って「フォー」が伝わらなかったので「ヌードル」と言ったら「チキンかビーフどっちがいい?」と言われたので「チキン」と答えて連れていかれたのがこのお店。

img45

これぞリアルチキンラーメン!? 烏骨鶏は皮膚、内臓、骨まで黒色のためスープにその色がついていて黒いみたいです。内臓は取られておりその中に香草が詰め込まれています。

麺は即席ラーメンの麺です。(笑)

ベトナムの知人に聞いたところ少し高価なので頑張ったご褒美に食べると言っていました。

ちなみにお店は店内がありません。

歩道で食べます。現地のカップルは骨までボリボリ食べていましたが、筆者にはそれは出来ませんでした。見た目で食欲がなくなってしまい結構残してしまいました。郷に入っても従えない時もありますね。(笑)

それではまた!

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介