ホーム >  マレーシア > オンリーワンでまたたく間に大人気! マレーシア・ジョホールバルの猫カフェとは?!

オンリーワンでまたたく間に大人気! マレーシア・ジョホールバルの猫カフェとは?!

LINEで送る
Pocket

台湾で発祥、日本でブームに火が付き、世界規模で増殖している猫カフェ。

FullSizeRender (2)

25FullSizeRender

シンガポールとの国境さかいの街、マレーシアのジョホールバルにも、満を持して猫カフェが開業して5カ月が経ちました。週末には入店待ちの列ができるほどの人気を見せています。

FullSizeRender (1)

17FullSizeRender

お店は、ショッピングセンターの中ではなく、閑静な住宅街の一角にあります。一軒家を改装したカフェで、店名は「Cats Cafe」。入場料はとらず、1人につき最低1ドリンクの注文を条件にしています。ドリンク代は、5.90~14.90マレーシアリンギット。店の入り口に洗面所があり、そこで手を洗ってから入店します。

10FullSizeRender

11FullSizeRender

 

経営するのは、ジョホールバルのチャイニーズ系マレーシア人ファミリー。娘のエリカさんが総支配人を務め、母のアリエナさんと一緒に店を切り盛りしています。

3FullSizeRender

猫カフェを開店するにあたりアイデアを出したのは、仕事やプライベートで海外を訪れる機会が多い兄のエイドリアンさん。マレーシアをはじめ、東南アジアで活躍する写真家で、フォトスタジオを経営するかたわら、海外で流行っている猫カフェに着想を得て、動物好きの家族に猫カフェ経営を提案しました。持ち前のクリエイティビティを余すことなく発揮し、店のコンセプトや内装デザインを担当。猫カフェを開店するにあたり、韓国とタイの猫カフェに赴き、店づくりの研究にしたそうです。

14FullSizeRender

お店のロゴは猫がカップの中に入っているかわいらしい絵で「キャッツ・カフェ」を分かりやすく表現したといいます。エイドリアンさんは、かつてシンガポールのクリエイティブカレッジで講師を務めた経験があるそうで、そのときのシンガポール人の生徒がデザインしたのだとか。

26FullSizeRender

「動物に触れる事は、子供の教育にも良い影響を与えるので、ファミリーでの利用が見込め、老若男女幅広い客層を取り込めます。また日々忙しく働き、ストレスがたまりがちな現在の人々に、癒しを提供することができます」とエイドリアンさん。

7FullSizeRender

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。