ホーム >  カンボジア > KFCとお米文化の融合

KFCとお米文化の融合

LINEで送る
Pocket

IMG_2190

ファストフードの代表格KFC

アメリカの元祖ファストフードと言えば、言わずもがなのKFC。
1930年以来、世界の109の国と地域で15,000店以上展開している、まさにファストフードの代表格とも言える存在ですが、ここカンボジアでは2008年3月、モニボン通りのホテル内に第一号店がオープン。
その後、プノンペンだけにとどまらず、シェムリアップやシアヌークビルなどの都市部にも進出し、現在11店舗を展開中です。

今後もバッタンバンやコンポンチャムなどに出店予定があり、各地方都市にも広がりを見せています。

近年、バーガーキングやロッテリアなどがカンボジアに進出してきている中、間違いなくファストフード代表格と言える存在のKFC。
今回はそんなKFCと、カンボジアのお米文化についてお伝えします。

IMG_2194 (1)

お米大国カンボジア

あまり知られていないかもしれませんが、カンボジアはお米大国です。
“World Best Rice”という世界コメコンペでは、2012年~2014年まで連続優勝を飾った記録もあるほど、世界的にも評価の高いカンボジア米。
カンボジアのお米は、雨の多い5月~11月の雨期作と、雨の降らない12月~4月の乾季作に分けられます。
灌漑設備が整備されていない地域が多いため天水農業が基本となりますが、メコン川やトンレサップ川近隣の水が十分にある地域では、二期作も行われています。
品種によっては、田植えの約2ヶ月後には田んぼが小麦色に色づくほど。

麺類やパンを食べても、結局最後にご飯を食べないと気が済まないくらい、三度の食事に白米は絶対欠かせないカンボジア人。
お米屋さんでは、1kgあたり約0.5ドル~1ドル(約55円~110円)で販売されており、カンボジア人の主食として生産・消費されています。

IMG_2187

IMG_2189

KFCとカンボジアのお米文化が融合すると・・・

KFCというと、フライドチキンとコールスロー、メープルシロップをかけたビスケットが定番のイメージですが、カンボジアのKFCは一味違います。
お米大国カンボジアのKFCには、ビスケットやシナモンロール、ツイスターなんてものはありません。
その代りに用意されているのが、「ご飯セット」。
ご飯単品もメニューにあります。
さすが、お米大国の期待を裏切りません。

IMG_2184

IMG_2185

本日注文したのはFillet Rice Combo  $2.5(約276円)。
カリカリのチキンと、ライス、ピクルス、コーラのセットです。
以前はご飯セットはすべて白米でしたが、現在はシンガポールチキンライスのようなご飯がセットされています。
鶏肉の旨みとしょうが風味があとを引く、絶品ご飯です。

カンボジアのお米文化とうまく融合した大手ファストフード店は、なかなか興味深いです。
カンボジアにお越しの際は、ぜひご飯セットをお試しあれ。

KFC  CAMBODIA
http://www.kfc.com.kh

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介