ホーム >  タイ > 日系飲食チェーンを展開するタイ企業について 第1回

日系飲食チェーンを展開するタイ企業について 第1回

LINEで送る
Pocket

タイでは本当に多くの日系飲食チェーンが店舗展開をしていますが、今回から2回に渡り日系飲食チェーンを展開するタイ企業についてまとめてみます。第1回はタイ財閥企業、公開企業を中心にまとめます。

【1】セントラルレストラングループ(http://www.crg.co.th/

セントラルレストラングループ(以下CRG)は、タイの流通の20%を占めるセントラルグループの中核企業として、タイではじめてファーストフード店を導入したパイオニア企業である。1978年にまずミスタードーナツの1 号店をオープン。その後、この38年間にケンタッキーフライドチキン(KFC)、Auntie Anne’s、日系ブランドのペッパーランチ、とんこつらーめんのちゃぶ屋Chabuton、吉野家、大戸屋、てんや、かつやなど日本大手飲食チェーンとフランチャイズ契約を締結し展開、現在600店舗以上の店舗を有している。

【主なブランド】(CRGを主語として記載しています。)

①Pepper Lunch

CRGの日系ブランドとしてはもっとも早く2007年11月に1号店をオープン、現在15店舗を展開している。

PEPPERLUNCH TERMINAL21 Branch
PEPPERLUNCH TERMINAL21 Branch

②ちゃぶ屋Chabuton

ラーメン花月、麺屋ZERO1、とんこつらぁ麺ちゃぶ屋CHABUTONを展開するグロービート・ジャパン株式会社とフランチャイズ契約。2010年のタイ1号店のオープン当時、タイではTV番組「TVチャンピオン」が放送され大人気となっており、ちゃぶ屋の創業者でTVチャンピオンにもなった森住康二氏を前面に打ち出し、行列の出来る人気店になった。タイ人の食志向に合わせて、いち早くスモールサイズのラーメンを導入し入りやすくした。人気も定着し現在15店舗を展開している。

CHABUTON SIAMPARAGON BRANCH
CHABUTON SIAMPARAGON BRANCH

③吉野家

2011年2月に日本以外アジアの吉野家の展開を統括する株式会社吉野家インターナショナルとフランチャイズ契約を締結し、同年8月に1号店をオープンし、現在13店舗展開している。吉野家は1995年に別のタイ企業とフランチャイズ契約を締結して進出を果たしたが、98年に撤退しタイ再上陸となっている。豚、鶏、サーモン、うどんなど牛丼以外のメニューにも力を入れている。

YOSHINOYA TREMINAL21 Branch
YOSHINOYA TREMINAL21 Branch

④大戸屋

2005年3月にトンローJアベニューに1号店をオープンし、タイ大手食肉メーカーのベタグロと組み約30店舗を展開していた合弁会社ベタグロ・オオトヤの株式の譲渡を受け、大戸屋とフランチャイズ契約を締結した。現在29店舗を展開している。タイでは高級和定食レストランとしての地位を確立している。

OTOYA SIAMPARAGON Branch
OTOYA SIAMPARAGON Branch

⑤てんや

2013年7月にてんやを展開する株式会社テンコーポレーションとフランチャイズ契約を締結し、同年10月にセントラルバンナに1号店をオープンした。現在、サイアムスクエアワン、セントラルラップラオ、セントラルウエストゲートの4店舗を展開している。

TENYA SIAM SQUARE ONE Branch
TENYA SIAM SQUARE ONE Branch

⑥かつや

2013年10月にかつやを展開するアークランドサービス株式会社とフランチャイズ契約を締結し、サイアムスクエアワンに1号店をオープンした。タイのとんかつ人気や値ごろ感もありセントラルグループの中では後発ながら現在8店舗展開している。

KATSUYA SIAM SQUARE ONE Branch
KATSUYA SIAM SQUARE ONE Branch
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。