ホーム > ASEAN✏STUDY

ASEAN情勢簡易レポート-マレーシア

シンガポールとならび「東南アジアの優等生」と称されるマレーシア。
2020年に先進国に入ることを目標としており、国民一人あたりのGDPが10,000ドルを超えるなど、ASEANの中でシンガポールの次に高い水準となっています。
『日本人が住みたい外国ランキング』では堂々の一位になっている事からも、魅力が徐々に浸透してきている事が伺えます。
優しく穏やかで見知らぬ他人でも親切にすることのできる国民性、マイペースな人々が多く、それぞれのペースで進むことが可能、そんなマレーシアの魅力について迫ってみたいと思います。

マレーシアの基本情報

国名:マレーシア
(「ムラユの国」の意。「ムラユ」とはサンスクリット語の「山脈のある土地」を意味する「マラヤドヴィパ」が語源。)
略号(ISO):MYS/MY
人口:約31,190,000人(2015年,マレーシア統計局)
面積:約330,000㎢(日本の約0.9倍)
首都:クアラルンプール
公用語:マレーシア語(マレー語)
(公用語の名称については、「マレー語」はインドネシア語などを含むことがあるため、政府が「マレーシア語」と呼ぶことを定めました。しかし、あくまで国語は「マレー語」であるとする学者が国内外に存在。)
宗教:イスラム教(連邦の宗教,約61%)、仏教、キリスト教、ヒンドゥー教、その他
特徴:「民族構成が極めて複雑」な国家の一つです。主にマレー系・華人系・インド系ですが、人口比の65%を占めるマレー系の中には、イバン族・カダザン族などの先住民や、ババ・ニョニャ・ユーラシアンなどの民族間での混血である少数民族が存在しています。
国家元首は国王ですが、世界的にも珍しい選挙で選ばれる国王です。
世襲が多い中、選挙で選ばれるのはかなり珍しい事と言えますが、実情としては13州あるうち、スルターンが存在する9州のスルターンから輪番で選ばれています。

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。