ホーム >  タイ > 日本食のすそ野を拡大するタイのセブンイレブン

日本食のすそ野を拡大するタイのセブンイレブン

LINEで送る
Pocket

今回はタイ人からは「セヴェン」と呼ばれ親しまれているコンビニエンスストアのガリバーセブンイレブンで販売する日本食、日本発の商品について取り上げる。

S__64454661

【タイ全土で10,000店に迫るセブンイレブン】

タイのセブンイレブンはタイ最大のコングロマリット企業チャルーン・ポ-カパン(CPグループ)が、1988年に米国サウスランド・コーポレーションからエリアフランチャイズ権を買収しCPセブン・イレブン(現在のCP ALL Public Company Limited )を設立し展開を開始。
2009年には5790店舗、2013年には7429店舗を突破、2016年6月現在、アメリカの8,365店を追い抜き、日本18,650店に次ぐ2位となる9043店舗を展開している。(セブンイレブンジャパンのウェブサイトより)
その数はタイ国内においてファミリーマートが1109店、ローソン109が41店舗と比べてダントツの店舗数を誇っている。

【日本食のすそ野を拡げるタイのセブンイレブン】

ファミリーマートが2012年9月にタイにおけるファミリーマート事業の展開をより加速させるためにタイ最大手の流通グループCentral Retail Corporation Limitedを新たに事業パートナーとし合弁契約を締結。
またローソンが現地小売り・日用品大手のサハパタナピブングループなどと2012年11月に合弁会社を設立しタイで進出すると発表した時期と重なるようにセブンイレブンは7-Freshという生鮮PB商品を投入するなど食品の強化を推し進め始めた。

なに料理が好きか?というアンケートでタイ料理を抑えて日本料理が1位となるくらい日本食が好きというタイ人が多い中で、日本食や日本発の商品が増え、パッケージには「日本」を印象づけられるよう日本語が記載されている。

以下、ジャンルに分けて、2016年6月現在、セブンイレブンの店頭に並ぶ商品について解説する。

【スナック菓子】

スナック菓子では、1980年にタナワット社と合弁会社を設立したカルビーが1996年からかっぱえびせんを発売し、今ではすっかりセブンイレブンでも定番商品となっている。

2008年には湖池屋が現地企業と業務提携し発売開始したが、2013年にはタイ大手財閥のTCCグループにパートナーを切り替え販売を強化し、当初はカラムーチョ(ホットチリ味)とカラムーチョ(わさび味)が見られたが、最近ではホットチリ味を一段と辛くしたカラムーチョ(大辛ホットチリ味)が店頭で見られる。

2015年3月には、「雪の宿」を発売する三幸製菓がシンハービールで知られる大手食品メーカーシンハーコーポレーションと合弁会社シンハー三幸を設立し、YUKI(ゆきのやど)オリジナル味と雪ミルク味を投入、積極的なメディア宣伝を実施した効果もあってか人気商品となっている。

S__64446478

●LAYSポテトチップス 海苔味 20バーツ
●カラムーチョ(ホットチリ味) 20バーツ
●YUKIゆきのやど!!(オリジナル味)(雪ミルク味) 10バーツ

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。