ホーム >  ベトナム > ホーチミンの原宿・グエンチャイ通り ~後編~

ホーチミンの原宿・グエンチャイ通り ~後編~

LINEで送る
Pocket

前回に引き続き、今回はグエンチャイ通りの後編をお送りしたい。

前編の長いヘルメット・帽子の露店の通りを過ぎると、ついにお目当てのアパレルショップが見えてきた。

とにかく数が多い。しかも一店舗ずつが独特の雰囲気を醸し出しており、日本ではなかなかお目にかかることがない光景だ。

IMG_0889こちらは男性向けのショップ。 IMG_0890

ベトナムのデップチャイ(ベトナム語で「イケ面」)はみんなこのような服装を好む。店頭のマネキンコーデは約100万ドン(約5,000円)とのこと。どこか韓国ファッションに近しいものを感じる。

IMG_0892 IMG_08941-lsvae

店内の様子。アクセサリーなども取り扱っている模様。よく見ると奥の棚で誰か寝ているのがいかにもベトナムらしい。

店員さんにこのジーンズを熱烈に勧められた。「このジーンズは高品質なベトナム産の有名ブランドだから絶対にいいよ」と接客を受けたが、どこかLevi’sに似ている気がしてならない。お値段は49万ドン(約2,450円)。

IMG_0898 IMG_0915

外見がボクシングジムのような厳ついショップを発見。店頭にいる赤いマネキンと両腕にタトゥーを施した警備員がお出迎えをしてくれた。

しかし、意外にも店内はシンプルでお洒落なつくりになっている。大半の商品が20万ドン(約1,000円)前後の価格となっている。

IMG_0831-Tシャツ店員さんに勧められたこちらのTシャツは15万ドン(約750円)。

IMG_0903-768x1024[1] IMG_0900

こちらは女性向けのショップ。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。