ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】安いだけじゃない!オシャレで美味しくて、楽しいホーカー・センターが続々登場

【シンガポール】安いだけじゃない!オシャレで美味しくて、楽しいホーカー・センターが続々登場

LINEで送る
Pocket

進化するホーカー・フード(屋台飯)

シンガポールを代表する食文化「ホーカー・フード」

これまでの「ホーカー・フード」のイメージは、チキンライスやホッケンミーなどのローカルフードを安い値段で提供する、単なる「屋台飯」でした。

しかし、最近はそんな安いだけがウリのホーカー・フードに変化が起きています。

ハイテク・ホーカー・センターや、若者の遊び場ホーカー・センターの登場

1. 飲んで騒げるオシャレホーカー

2016年4月にオープンした「Timbre+」というホーカー。

運搬車両のコンテナをモチーフにしたデザインの建物内に屋台が入っているホーカーで、アートな雰囲気が漂うオシャレホーカーです。

タイ料理やインドネシア料理など、世界各国の料理を提供する店が集っています。

200種類のクラフトビールが飲める店も出店していて、ホーカーというよりバーのような雰囲気。

センター中央にはステージがあり、夜は音楽ライブも開催されています。

アートが施されたフードトラックが至る所にあり、それらを眺めながらご飯を食べることができます。

ホーカーでは通常食べ終わった食器はそのまま机に放置して良いのですが、ここでは自分で食器を返却する必要があります。

食べ終わった食器を人の口の中に入れると、1ドル返却されるという仕組み。

お金が返ってくるとなると、皆キチンと返却しますよね。
しかも、人の口の中に食器を入れるという発想が面白い。
うまい仕組みです。

また、敷地内には簡易ジムもあり、身体を鍛えた後にヘルシーな食事をとりたいという人にも使える場所です。

単なる「ご飯を食べる場所」ではなく、「若者が飲んで遊べる場所」になっています。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。