ホーム >  タイ > 【タイ】ついに延伸!バンコクBTSスカイトレイン スクンビット線サムローン駅〜ケーハ駅まで

【タイ】ついに延伸!バンコクBTSスカイトレイン スクンビット線サムローン駅〜ケーハ駅まで

LINEで送る
Pocket

2018年12月6日、バンコクの交通の要BTSのスクンビット線が更に南へ延伸開業しました。
予てより工事の進んでいたサムローン駅からケーハ駅までがついに開業ということで、今まではバンコク都内の交通手段であったBTSですが、サムットプラーカーン県からもバンコク中心部への移動が可能となりました。
さて、新たに延伸された駅の様子はどのような感じでしょう。

BTSスクンビット線について

bts_1

バンコクBTSスカイトレインのスクンビット通りを中心とした路線。
北はモーチット駅から、今回延伸されたケーハ駅間を走っています。
今後は更に南のバーンプー駅まで路線を延ばす予定となっています。

新しく延伸された駅と乗り方

bts_2

今回サムローン駅(E15)から増えた駅は以下の8駅となります。

E16 プーチャオ駅

E17 チャーン・エラワン駅

E18 ロンリアン・ナーイルア駅(タイ王国海軍兵学校駅)

E19 パクナム駅

E20 シーナカリン駅

E21 プレークサー駅

E22 サーイルワット駅

E23 ケーハ駅

新区画内の運賃は、試験期間につき4ヶ月は無料となります。
日本では例をみないですが、海外ではこうした無料期間を設ける路線はしばしば見られます。

延伸区画内の駅は自動券売機から0バーツで乗車カードを購入できます。
ラビットカードを使用した場合は、延伸区画内の料金はかかりません。

乗り方は、既存の駅であったサムローン駅まで行き、ホームでケーハ方面行きに乗り換えとなります。

主な新駅の様子

bts_3

では、延伸区画のいくつかの駅の様子を見ていくことにしましょう。
まずは乗り換えの駅であるサムローン駅まで来ますと、対面にケーハ駅行きの列車がありますので乗り込みましょう。
平日の午後ですが、利用者はまずまずといったところ。

「E16 プーチャオ駅」

bts_4

サムローン駅の次の駅です。
ここはすでにサムットプラーカーン県で、工業エリアらしく、パナソニックの工場が見えます。

bts_5

さらに反対側にはトヨタの工場があり、工場勤務の日本人にとっても今回の路線は大きな意味があったといえるでしょう。

 

「E18 ロンリアン・ナーイルア駅」

bts_6

タイ王国海軍兵学校のある駅です。
駅から芝に置かれた飛行機などを見ることができます。

 

「E19 パクナム駅」

bts_7

チャオプラヤー川が近くとなる駅です。
サムットプラカーン区の役所があります。

bts_8

役所の敷地横はチャオプラヤー川であり、釣りやちょっとしたフィットネス器具を使用することもできます。
ゆったりした川の眺めが気持ちのいいエリアです。

 

「E23 ケーハ駅」

bts_9

現在の終点ケーハ駅です。
駅の周りにはまだ何もありませんが、川が良い具合のローカル感を醸し出しており、のどかな雰囲気です。
今後は他のエリアがそうであったように、駅周辺には商業関連の建物などが建設されそうですね。

まとめ

bts_10

工業地帯のサムットプラカーン県へ延びたBTS。
今までこのエリアに住む人々がバンコク中心部まで行くには、距離、そして渋滞があり気軽ではありませんでしたが、今回のBTS延伸で移動がスムーズになり、明らかに人の流れに変化が現れることでしょう。
そうなると、タイ進出を目指す企業にとっても、今後のBTSの延伸区は様々な選択肢を生むことになるかも知れません。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介